東南アジア放浪の旅 最初の1ヶ月のまとめ

2012/08/18 - 11:52
LINEで送る
email this
Pocket

7月15日から始まった恐ろしく適当な東南アジア放浪の旅。始めてから1ヶ月が経ったので簡単にこれまでの経緯をまとめておきます。

本日(8月18日)時点で、回った国は2カ国です。(まだ2つか!)

少し細かく追っていくと

■タイ
7月15日〜30日        バンコク (日帰りでアユタヤ、パタヤ)
7月31日〜8月13日 プーケット (パトン、カロン、カタ、ナイハーン、シャロン[ラチャノイ島、ラチャヤイ島、ピピ島]、プーケットタウン)

■ミャンマー
8月14日                     ヤンゴン
8月15日〜16日         マンダレー
8月 17日〜                 バガン

といった感じです。要はタイで丸々1ヶ月過ごしたって訳ですね。大変居心地が良かったもので(^^)。加えてバンコクでは現地在住の友達のお世話になり、プーケットでは夏休みでタイに来ていたいとこ一家のお世話になりました。色んな方の支えの下で今回の旅行は成り立っております。ありがとうございますm(_ _)m

各街の詳細は追ってバックデートでまとめていきます。

今回の旅のテーマが「住める/住みたい街探し」なんですが、個人的にはタイは十分に住める国です。中でもプーケットは是非住みたい街です。

物価、医療レベル、人々の性格的にバンコクもプーケットも全然アリです。特にプーケットは海が綺麗という僕にとって何物にも代えがたい特性を持っているので思いっきり住みたい街です。ただ、どうしても長くいると退屈してしまう感は否めないので、年間で1〜2ヶ月ロングステイに来るのがベストかなという印象です。現地で仕事に就いたりしたらまた別なんでしょうが。

ミャンマーは人々は本当に温かく良い国だなと思うのですが、いかんせんインフラ面、特にインターネットがまだ発展途上なの気になるところ。将来的にはインターネットを中心に生計を立てていきたいと思っているので、その点では現時点では住む街としては難しいかな、という所感です。

ここまでトラブルとしてはやはりキャッシュカード紛失ですね。これはマジ焦りました。幸いなんとかリカバリーできたのでホント良かったです。

それ以外は特に大きなトラブル無く、体調も全く崩すことなく過ごせています。どこでも寝れる、何食っても平気な身体はとっても便利です。お母さんありがとう。

この後の予定としてはちょっとペースを上げつつ、

ミャンマー→ラオス→ベトナム→カンボジア→マレーシア→フィリピン

と回っていき、10月中旬に日本に戻る予定です。

マレーシア、フィリピンでは海辺の街に少し長めに滞在できならなーと思っています。やっぱり海はいいね。サイコー海サイコー。折を見てダイビングもちょいちょい挟んでいきたいところです。

7月15日に始めて10月中旬帰国なので丸々3ヶ月の旅行になります。というのも今回の旅行は個別の旅行保険には入っておらずクレジットカード付帯の旅行保険を当てにしているので、その期間に合わせました。(○天カード大活躍してます。K谷さんありがとう!!)

帰国の暁には是非みなさままた遊んで下さい。話のネタはたくさん持ち帰る予定なので(笑)。

というのがここまでのまとめとなります。この後も随時ブログにまとめていきますので、是非お楽しみ下さいませ。

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket