Category Archives: ライフハック

ライフハック

モノ減らし最大のポイントはモノと情報の分離

LINEで送る
email this
Pocket

 

断捨離という言葉が聞かれなくなって久しいですが、呼び方はともかく自分の部屋はすっきりキレイにしておきたいもの。

僕も長年モノ減らしに力を入れてきたのですが、その結果モノ減らしの最大のポイントはモノと情報の分離という結論に至ったので今日はその話を。

 

そもそもモノには二種類あります。一つが物体として必要なモノ、もう一つが情報の入れ物としてのモノ(情報の入れモノ)です。

物体として必要なモノは、例えば食器。ご飯を食べるという目的に対して、モノ自体を物理的に使用します。これが物体として必要なモノ。他には寝具や椅子、冷蔵庫などが物体として必要なモノに挙げられます。

一方で情報の入れモノは、例えば本。大切なのは本の中に入っている情報であって、モノとしての本、つまり糊付けされた紙の束は情報の入れ物、容器です。本以外では書類全般、CD/DVDなどが情報の入れモノです。

 

この二種類のうち、捨てる対象となるのはもちろん情報の入れモノです。必要なのは情報であって容器は不要!この割り切りがモノを減らすための最大のポイントです。

情報の入れモノを捨てるには、当然中の情報を吸い出す作業が必要になります。その際に使うのがモノから情報を吸い出す機械、すなわちスキャナやデジカメ、CD/DVDドライブなどです。

書類を全部スキャンし、紙自体は捨ててしまうというのが一番分かり易い例です。書類の中から情報だけを吸い出して電子データとして保管し、入れ物としての紙は捨ててしまうというわけです。

本も同様です。本をスキャナで電子化してしまえば入れ物の紙の束は全部捨てられます。

基本的に紙は情報の入れ物として使われているケースが大半なので、中身を電子化し、紙自体は捨ててしまって問題ありません。僕が紙として残しているのは原本がないと面倒になりそうな保険の証書と役所の書類だけです。それ以外は全てデータ化してしまいました。

家にスキャナがない、という人もいるかと思いますが最近はスマホをスキャナ代わりに使えるアプリもあるので、ある程度はそちらで代替できると思います。(量が多いとややキツいですが)

本が大量にある場合は電子化を請け負ってくれる業者にお願いするのも一法ですね。

CDやDVDも銀色の円盤部分にはなんの価値もありません。CD/DVDドライブを使って中の情報を吸い出し、円盤はサクッと捨ててしまいましょう。(もちろん吸い出した後は、ご自身の環境で再生できることの確認をお忘れなく)

ここまでやるだけで、かなりモノが減ってすっきりするはずです。

 

が、他にも捨てるべき情報の入れモノは眠っています。

それは思い出の品。

子供の頃に作った工作、長く使い込んだ鞄、お気に入りだった洋服など捨てるに忍びないものはたくさんあります。もちろんそれらが今もなお物体として必要なモノであれば捨てる必要はありません。しかし、そうでなければそれは「思い出」という情報の入れ物なので捨てる対象になります。

大切なのはそのモノにまつわる記憶−思い出−であってモノ自体は不要。なので、いつでも思い出せるようにしっかりと写真に撮って残し、モノ自体は捨ててしまいましょう。

思い出の品を捨てることに抵抗がある人も多いと思いますが、これができれば更に飛躍的にモノを減らせます。僕自身も始めはかなりの思い切りが必要だったのですが、いざやってしまうと写真だけでも十分思い出せるので特に後悔はありません。むしろパソコンやスマホがあればいつでもどこでも思い出に浸ることができるので利便性が増した感じです。

 

といった感じで情報の入れモノを片っぱしから捨てていけば部屋は相当にすっきりするはずです。

とにかくポイントは必要なのはモノ自体か、そこに含まれる情報かを見極めること。情報のみが必要と見るや入れ物はさっさと捨てることで確実にモノは減らせますし、不必要に増えてしまうことも防げます。

最終的なゴールは「物体として必要なモノしかない」状態です。この状態をめざして、モノ減らしに取り組んでみてください。

では。

 

■関連エントリー

絶対に失くせない大量データの安全で便利な運用法 

 

LINEで送る
email this
Pocket

ライフハック

Chromeの入力欄から直接Wikipedia検索する方法

LINEで送る
email this
Pocket

 

Google Chromeのマイナー機能紹介の第4回。

一旦最終回の今回はChromeのオムニボックス(上の方にある細長い入力欄)から直接Wikipediaなどの検索サービスで検索する方法を紹介します。

使用イメージとしては、オムニボックスにWikipediaを呼び出す文字列「wp」と入力します。

2014 03 05 12 48 47 PM

そして「tab」キーを押すと、「Wikipediaを検索」という表示に変わります。

2014 03 05 12 48 59 PM

そして検索したい単語(例えばイチロー)を入力すると、

2014 03 05 12 49 48 PM

この通り、Wikipediaの検索結果ページが瞬時に表示されるという流れです。うん、便利。

2014 03 05 12 14 15 PM

 

この機能を使うための仕込みは、前回紹介したオムニボックスから特定のURLを開く方法とほぼ同じです。

Wikipediaの例で手順を紹介します。まずは「設定」から、

2014 03 05 12 16 00 PM

「検索」→「検索エンジンの管理」へと進みます。

2014 03 05 12 16 23 PM

「その他の検索エンジン」の一番下にある、

2014 03 05 12 16 50 PM

うっすらと「新しい検索エンジンを追加」と書いてある入力ボックスまでたどり着きます。

 

2014 03 05 12 17 18 PM

ここへ必要事項を入力していくのですが、入力する内容も前回の場合とほぼ同様です。

最初の欄には適当に名前を入力。「Wikipedia」と。

次の「キーワード」の欄には対象の検索サービスを呼び出すときに使う文字列を入力します。Wikipediaであれば適当に頭文字を取って「wp」とか。日本語入力の場合と英数字入力の場合どちらでも使えるよう、日本語入力の「wp」と英数字入力の「wp」の二つのパターンで作成しておくと便利です。

最後の「検索キーワードの代わり」の欄には検索サービスのURLを入力するのですが、ここで一ひねり加えます。

通常、Wikipediaで検索するとその結果ページのURLは

http://ja.wikipedia.org/wiki/イチロー

となっています。Chromeへ登録するURLはこれをそのまま使わずに、最後の「イチロー」の部分を「%s」へと変換したものを使います。

すなわち

http://ja.wikipedia.org/wiki/%s

と入力します。

これで仕込みは完了です。

2014 03 05 1 00 55 PM

あとは冒頭で紹介したとおりオムニボックスに「wp」と入力し「tab」キーを押下すると、オムニボックスから直接Wikipedia検索ができるようになります。

 

この機能、もちろんWikipedia以外の検索サービスでも使えます。登録時のポイントは検索結果画面のURLの中から、検索ワードに該当する部分を探しだし、そこを「%s」に置き換えるというところです。その手順さえきちんと踏んでおけば、ほとんどの検索サービスでこの機能を使うことができます。

検索サービスの中には、日本語で検索した際に、結果画面のURL内で、検索に使った日本語の部分が長ったらしい英数字に変換されていることもあるので、その場合は日本語ではなく英字で検索すると、URLのどの部分が検索ワードなのか分かりやすいと思います。

 

参考までに僕が登録してよく使っている検索サービスを挙げておきます。

英辞郎(英語辞書サービス)
登録URL: http://eow.alc.co.jp/%s/UTF-8/?ref=sa

goo国語辞書
登録URL:http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%s/m0u/

Google乗り換え検索(出発地をオムニボックスから指定)
http://www.google.co.jp/maps?saddr=%s

 

英辞郎は特に使う回数が多いのでとても助かってます。

 

以上、Chromeのオムニボックスから直接検索サービスを使う方法でした。

 

では。

 

(次回予告) follow us in feedly

理念の浸透度が高いのが「健全な組織」

 

LINEで送る
email this
Pocket

ライフハック

Chromeでブックマークを使わずに特定のURLを開く方法

LINEで送る
email this
Pocket

 

前回に引き続きGoogle Chromeのマイナー機能紹介。

3回目の今回は、ブックマークを使わずに特定のURLを開く方法です。

Chromeのブックマークは常に表示してるとスペース食って邪魔なので普段は非表示にしてます。が、それだと特定のURLに飛びたい時にいちいちブックマークを開かなくてはならなくなりちと不便。

そんな時に役立つのが今回紹介する機能です。回数的には最も多く使ってる機能です。

機能の使用イメージを先にお伝えします。

例えばYouTubeを開きたいのであればYouTubeの頭文字をとって、「yt」とオムニボックス(上の方にある細長い入力ボックス)に入力し、Enterキーを押します。

2014 03 04 9 22 05 AM

すると、あっという間にYouTubeの画面が表示されます。凄まじく便利。

2014 03 04 9 10 42 AM

 

この機能を使うには事前の仕込みが必要です。まずはChromeの「設定」から、

2014 03 04 9 12 16 AM

「検索エンジンの管理」へと進みます。

2014 03 04 9 13 04 AM

 

でもって、「その他の検索エンジン」の一番下にある

2014 03 04 9 13 21 AM

 

うっすらと「新しい検索エンジンを追加」と書いてあるボックスに設定内容を入力します。

2014 03 04 9 13 49 AM

 

「検索エンジンの追加」と書いてありますが、検索エンジン以外のURLでも自由に登録できます。

先に挙げたYouTubeの場合での入力例を示します。

最初の名前の欄は適当に「YouTube」。

次の「キーワード」欄にはURLを呼び出す際に使う文字列を入力します。例えばYouTubeの頭文字をとって「yt」。

僕は英数字入力でも日本語入力でもどちらでも呼び出せるよう、英数字入力での「ty」と日本語入力での「yt」を両方登録するようにしています。

最後の「検索キーワードの代わり」には飛びたいURLを入力します。YouTubeであれば「http://www.youtube.com/」

2014 03 04 9 15 03 AM

以上で仕込みは完了です。

こうしておけば冒頭で紹介したように、オムニボックスに「yt」もしくは「yt」と入力しEnterを押すだけでYouTubeに遷移するようになります。

とっても便利な機能なので、僕は何度か訪れる可能性のあるWebサイトは全てこの機能に登録しています。前回紹介した複数のページをまとめて開くとき以外は、ブックマークはほとんど使いません。

 

次回は今回紹介した機能を応用して、Google Chromeのオムニボックスから、任意の検索サービス(例えばWikipediaなど)での検索を直接実行する方法を紹介します。

では。

 

(次回予告) follow us in feedly

Chromeの入力欄から直接Wikipedia検索する方法

 

LINEで送る
email this
Pocket

ライフハック

Chromeでブックマークをまとめて開く方法

LINEで送る
email this
Pocket

 

Google Chromeのマイナー機能を勝手に紹介するコーナーの第2回。

今回はブックマークをまとめて開くです。

やり方は簡単で、ブックマーク内のフォルダを右クリックし、

スクリーンショット 2014 02 27 7 03 58 AM

 

開くメニューの中から「すべてのブックマークを開く」を選ぶだけです。

スクリーンショット 2014 02 27 7 03 41 AM

 

僕は朝と晩に幾つかのWebサイトをまとめて確認するようにしているので、これを使うと確認対象のWebサイトをまとめて開くことができて便利です。

 

次回は僕が最も多用しているブックマークを使わずに特定のWegページを開く方法を紹介します。

 

(次回予告) follow us in feedly

Chromeでブックマークを使わずに特定のURLを開く方法

 

LINEで送る
email this
Pocket

ライフハック

Chromeでよく使うタブを「固定」して便利にする方法

LINEで送る
email this
Pocket

 

僕はメインのブラウザとしてGoogle Chromeを愛用しています。

できるだけ機能を活用して効率的に作業すすめられるようにしているのですが、その中でもあまり知られていないんじゃないかな?と思うものを勝手に紹介してみます。

 

第一回の今回は「タブを固定する」です。

これは頻繁に使うWegページをブラウザ内で固定しておける機能です。

呼び出し方は簡単で、よく使うページのタブ部分を右クリックします。

スクリーンショット 2014 02 14 12 42 45 PM

 

出てくるメニューの中から「タブを固定」を選択。

スクリーンショット 2014 02 14 12 32 06 PM

 

すると対象ページのタブがアイコンだけのコンパクトサイズになり、左端へと移動します。これでタブが固定されます。

スクリーンショット 2014 02 14 12 43 19 PM

タブを固定すると具体的に何が変わるかというと

①位置が左端から動かなくなる。
②ブラウザ起動時に、最初から表示されているようになる。

の二点です。

①により頻繁に使うページ をブラウザ上でいちいち探さなくてよくなり、②によってブラウザ起動時に開く手間が省けます。

 

僕は日常のタスク管理にtoodledo、Googleカレンダー、togglの3つを使っているので、この3つを固定して使ってます。

スクリーンショット 2014 02 14 12 52 44 PM

 

通常の使用であればブラウザを開きなおしても自動的に表示されるのですが、ブラウザがクラッシュした際には表示されないこともあるので、一応ブックマークにも入れておくと安心だと思います。

スクリーンショット 2014 02 14 12 55 09 PM

 

以上、Chromeの機能を勝手に紹介のコーナーでした。

 

次回は複数のWegページを一気に開く方法を紹介します。

 

では。

 

(次回予告) follow us in feedly
Chromeでブックマークをまとめて開く方法

 

LINEで送る
email this
Pocket