Category Archives: 健康

健康 組織論

問題の原因は「ストレス」にあり。

LINEで送る
email this
Pocket

 

人や組織が正常でなくなるとき、その原因の大半はストレスではないかと思っています。

ストレスとは「生体にひずみの生じた状態」のこと。

ではなぜその「ひずみ」は起こるのか。

それはあるべき姿現実との間にギャップがあるからです。

そのギャップがひずみ(ストレス)となり、人体であれば心身の異常、組織であれば内部抗争や不祥事などを引き起こすのです。

ということは何か問題が起きている時、そもそものギャップをなくせば問題は解消される(少なくともその可能性がある)ことになります。

ではギャップをなくすにはどうしたらよいか。

最も大切なのはあるべき姿を知ることです。

そもそもギャップがあるべき姿と現実との間で発生しているものなのですから、あるべき姿を知らずしてギャップが解消されることはありません。

ただ、そのあるべき姿を知ることが実に難しい。

一番身近な存在であるはずの自分のことですら、そのあるべき姿が分かっていないこともあります。

 

僕自身の例をひとつ。

2009〜2010年頃、心的な不調に陥ったことがあります。会社を休むほどではないけれど、自覚症状はありましたし、日々近くで仕事をしていた人であれば十分に気づく程度の変調です。

その原因がストレスであることは明らかでした。が、その解消法がまったく見えない。

ギャップの一端である自分自身のあるべき姿をまったく分かってなかったからです。

あるべき姿がわかっていれば、それと現実の差を把握して対策もとれようものですが、そもそものあるべき姿を分かっていないのですから、適切な対策のしようがありません。当然、あてずっぽうで打つ対策の数々はすべて失敗に終わります。

そうこうするうちに、自分のあるべき姿を理解することが解決に向けた出発点だと気づき、その点について頻繁に考えるようになりました。

二年くらいの後、ようやく個人としてありたい姿にたどり着きます。その結果、現実とのギャップも分かり、とるべきアクションも見え、果たして心的な不調も自然と解消されていきました。

 

一事が万事、すべてがこのケースに当てはまるとは思いませんが、人や組織が抱えている問題の原因がストレス(ギャップ)にあり、しかも当事者ですらそのギャップの一端(もしくは両端)を理解できていないとうケースは少なからずあると思っています。

逆に言えば、ギャップの両端を探ることが問題解決の糸口になるということ。

問題解決にあたっての一つの視点として持っておいて損はないかな、と思います。

 

では。

 

(関連エントリー)
10年の社会人生活を振り返ってみる。
就活人気企業ランキングにみる「内省」の時間の必要性

(次回予告)
良いストレスの条件は「向きと大きさ」

 

LINEで送る
email this
Pocket

健康 沖縄 生活

沖縄にきてすっかり健康になった話

LINEで送る
email this
Pocket

 

今日は沖縄にきてすっかり健康になったという話。

東京にいた時もそれほど不健康だったわけではなく、7年間所属した会社を一度も病欠しなかった程度には頑丈でした。

が、さすがに多少のガタは出てくるもので、昨年(2013年)の春先に東京で受けた健康診断ではコレステロール値や尿酸値に異常が出たりもしてました。

その数ヶ月後、昨年7月に沖縄へ引っ越したのですが、さあ健康状態はどうなるか。

 

最初に「おやっ」と思ったのが、引っ越してから3ヶ月ほど経過した10月半ばに温泉に入っていたとき。

以前に銭湯でよくツボマッサージをやっていたのを思い出し、久々にグリグリやってみたのですが・・・全然痛くない。

押し方間違ったかなと思って、色々と試してみたのですがやっぱり痛くない。首も肩も腰も足の裏もどこを押しても全然痛くない。

 

最初は「なにこれ、気持ち悪っ」と思っていたのですが、よくよく考えるとこれは良いことな気がして。

ツボが痛いのはそこ(あるいはその反射区に対応する部位)が悪いからだと聞いたことがあります。ということはツボが痛くないということは悪いところが無い、すなわち健康になったということではないか?という仮説がむくむくと湧いてきます。

となると次に欲しくなるのは客観的データ。そこでさっそく定期的に開催されている北谷町の健康診断を受診しました。

 

で、つい先日その結果が返ってきたのですが、予想通りなかなか良好な結果。

高校時代から出続けている潜血は今回も出ていたけれど、それも過去最低レベルで特に問題なし。

それ以外は前回異常値だったコレステロールと尿酸も含めて全てA判定でした。

どうやら沖縄暮らしで健康状態はずいぶんと改善されたようです。

 

東京と沖縄、相違点があまりにも多いのでどこがどうプラスに作用したのか細かく分析するのは難しいですが、総合的にみて沖縄暮らしは気分的のみならず身体的にも合ってるようです。

 

今んとこ、まあまあいい感じで時間を過ごせてるってことかな。

では。

 

(次回予告)
効率と感動は両立しない

 

LINEで送る
email this
Pocket

健康

姿勢の良い人が好き。

LINEで送る
email this
Pocket

Sugi

姿勢の良い人が好きです。

姿勢の良さには心の強さと身体の強さが表れていると思うからです。

良い姿勢は、欲しいからといってすぐに手に入るものではないと思ってます。

もちろん意識すれば一時的には良くなりますが、それを継続的に保つには腹筋・背筋を中心にそれなりの筋力が必要になります。その筋力を身につけるには、当然ある程度継続的な努力が必要になります。

つまり姿勢が良い人というのは、

  • 人からどのように見られるかをしっかり意識していて、
  • それを改善する努力を継続的に行っており、
  • 結果としてそれを実現する心身の強さを身につけた。

という人だと思うのです。

魅力的ですよね。

経験的にも、姿勢が良い人は話をしていてとても楽しい人が多い気がします。そこに意思の強さと身体の強さがあるからだと思います。

 

もちろん僕もかくありたいので、姿勢には気をつけていきたいと思います。最近かつての猫背はだいぶ矯正されてきましたが、気を抜くとまたすぐに戻ってしまうので精進続けていきます。

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

健康

1週間寝込んで分かったこと

LINEで送る
email this
Pocket

いやー、久々に寝込みました。丸々1週間。今まで体調崩してもほとんど1日か2日で治っていたので、こんだけ寝込んだのは恐らく人生最長です。

結論としては軽い肺炎だったのですが、一軒目の病院でそれを見落とされてしまい、二軒目でようやく適切な診断&薬をもらえたため長引いたという展開でした。

一連の出来事が個人的にかなりレアな体験だったので、その中で色々気づいたことを備忘メモ。病院に関してはあくまで都内某所の一例です。

■信頼できる病院はあらかじめ探しておいた方が良い。

今回は発症した後に適当にネットで検索して病院選んで行ったのですが、結論から言ってそこがあまり良い病院ではなく肺炎を見落とされてしまいました。もっとじっくり病院探せば良かったと言えばそれまでですが、発症後に色々探すのも体力的にキツイものがあるので、やはり普段のうちから情報集めて各科で信頼できる病院を確保しておいたほうが良いんだなー、としみじみ思いました。新しい街に引っ越した際に最初にやっておくべきタスクってな感じですね。

■総合病院は紹介状が必要。

知ってる人にとってはあまりにも常識なのかも知れませんが、初めて知りました。総合病院って基本的に紹介状が必要なんですね。少なくとも今回二軒目の候補にした2つの総合病院はどちらも紹介状が必要でした。

もっとも絶対に無いといけない訳ではなく、紹介状が無いと非紹介患者初診加算なるもの(¥1,300ほど)が必要になるという制度でした。今回は一軒目に愛想をつかしての二軒目なので紹介状などあるわけもなく。おとなしく追加料金払いました。

■総合病院の外来受付は午前中のみ。

これもあくまでサンプルは今回候補にした二院のみですが、どちらも外来受付はAM11:00までで午後はありませんでした。病院ってのはてっきりAMとPMの二部制を敷いてるもんだと思っていたので、かなり意外でした、ってかあやうく行きたい日にいけないとこでした。

■適切な薬はめっちゃ効く!

二軒目の病院で肺炎と診断されそれ用の薬をもらったのですがこれがめっちゃ効いた!翌日にはすっかり熱も下がり元気になってました。

今回、発症当初よりなんかいつもの風邪と症状違うなーと思ってはいたのですが、とは言えそのうち治るだろうと思ってなかなか病院に行かなかったのも長引いた一因でした。

もともと病院も薬もキライで、今回の(一軒目の)件でますます病院はキライになったのですが、それでも適切な処置を受ければ早く治ることもわかったので、これからは少なくとも初見の症状の場合は早めに医者にかかろうと思います。

■自転車用マスクが必要!?

肺炎にかかったってのは人生初でして。となると気になるのがどこでかかったか。電車でってのが一番考えやすいんですが、最近の生活の中でそんなに回数乗らないですし、乗ってもかなり短時間なんですよね。

となると別の可能性として考えられるのが自転車。こちらはほぼ毎日移動用で乗ってる上に、乗り始めたのはここ数ヶ月のこと。当然走るのは排気ガスいっぱいの道路。最近はお隣の国からも色々と飛んできてもいる模様。そう考えると結構あやしい。。

花粉の季節ということもあって、自転車乗る時は使い捨てマスクをしてはいたのですが、それでは力不足かもと思い専用のマスク使うことにしました。

じゃん。

2013 03 31 19 33 46

PM2.5も余裕で防いでくれるスグレモノです。見た目はかなりアレですが、これで卍丸に一歩近づけると思えば日本男子の気分は昂ぶります。

実際これ使うのはもうちょっと体力回復してからになりそうですが、呼吸器系守る力になってくれそうです。

 

と、今回の学び&対策はこんな感じです。皆様も是非お身体にはお気をつけ下さい。

では。

LINEで送る
email this
Pocket

健康

薬が嫌い。

LINEで送る
email this
Pocket

昨日の風邪の話に続いて、もう一つ健康関連の話。

僕、薬が嫌いなんです。苦いから嫌いとかそういう話ではなく、薬を飲むことによって自然な状態じゃなくなるのが嫌なんです。

風邪にせよ何にせよ、身体に表れる症状って何らかの原因に対する身体の素直な反応というかメッセージだと思うんです。それがあるからこそ原因を辿ることもできるし、身体の現在の状態も知ることができる。さすればある程度今後の見込みも立つ。

ところが薬を使って症状を紛らわせてしまうと、正確な状況把握ができなくなってしまう。

それが嫌なのでどんな症状であれ、生活に支障を来す状況でない限り極力薬は飲まないスタンスです。

飲むとすれば栄養剤とかですかね。これは早期回復に直結しそうな気がします。

だからどうしたって話ですが、まぁそんなスタンスですよってことで。

では。

LINEで送る
email this
Pocket