Category Archives: 思い出話

スポーツ 思い出話

サンデースポーツの山際淳司さん

LINEで送る
email this
Pocket

 

山際淳司さんの話。

山際淳司さんといえば一般的には「江夏の21球」を代表作とするノンフィクション作家ですが、僕にとってはNHKサンデースポーツの山際淳司さん

 

中高生の頃の僕は大のプロ野球好きで、毎晩(翌朝も含め)4〜5個のスポーツニュースをハシゴして見るような子供でした。

当然多くのキャスターや解説者に触れたのですが、中でも輝いていたのが1994年〜95年にかけてNHKサンデースポーツのキャスターを務めていた山際さん。

とにかく知識量がハンパない。他局のニュースでは決して語られない深い洞察や、鋭い分析に魅了され、とにかく毎週日曜の夜が楽しみな日々でした。

 

そんな山際さんにお目にかかる機会はもちろんなかったのですが、一度だけ交流したことがあります。

94年の夏頃。サンデースポーツの冒頭で、好きな球団への応援メッセージがFAXで募集されたのです。当時大のオリックスファンだった僕はすかさず準備に取りかかりました。

せっかく送るなら絶対に番組に取り上げられたい、そう考えテレビに映ったときに見やすいよう家の中で一番太いペンでメッセージをしたためる。

FAXを送信するタイミングも重要。募集されたFAXは番組の中盤と終盤の二回紹介されることを知っていたので、終盤狙いなら慌てる必要はない。FAXの殺到する募集直後の時間を避け、少し時間をおいてから送信しました。

さて番組終盤のFAX紹介コーナー。小細工の甲斐あってか山際さんと共に進行を務める草野満代アナの手に僕の送ったFAXが!

僕            (ドキドキ)
草野アナ「こちらのFAX紹介しましよう。『絶対オリックス!押し寄せる青い津波!!』
_________???・・・青い津波、どういう意味ですかね?」
僕            (わっ!?伝わってない?)
山際さん「ブルー・ウェーブですね」
草野アナ「あっ!失礼しましたっ」
僕            (さすが山際さん!分かってくれたよ!!)

と、僕の送ったFAXの解説を山際さんがしてくれたのが僕と山際さんの唯一の交流。テレビに出てる大好きな人が自分の意図を察してくれたっていうのが、ただただ嬉しかったです。

 

そんな山際さん、翌95年の5月に病気療養のためサンデースポーツのキャスターを降板し、その直後に亡くなられました。番組内でその報を伝える草野アナの涙はちょっと忘れることができません。

以降、彼を超えるスポーツキャスターにはお目にかかっていません。

 

今年もプロ野球盛り上がってますね。久々に「スローカーブを、もう一球」読み返してみます。

 

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

思い出話 組織論

ささやかだけど、ものすごく嬉しかった一言の話

LINEで送る
email this
Pocket

 

ささやかだけれども、もの凄く嬉しかった出来事をひとつ。

さかのぼること9年ほど前、社会人3年目くらいの頃、当時の上司に公私にわたって大変お世話になっていました。

仕事上の相談に乗ってもらうのはもちろんのこと、休みには一緒にキャンプに連れて行ってくれたりもしていました。

その頃、僕の中でクルマ熱が高まっていました。どうせ買うならマニュアル車をと意気込んでいたいのですが、悲しいかな免許はオートマ限定。ということでまずは限定解除の講習に通い始めました。

ほどなく無事に限定解除が完了したことを上司に話すと、「じゃあ一度うちのクルマに乗ってみろ」と声をかけてくれました。

その上司のクルマとはイタリアの高級車。もちろんマニュアルで、かつ左ハンドル。

オートマ限定解除の講習はすべて教習所内で行われます。つまり僕はマニュアルの免許を持ってはいるけど、一度も公道を走ったことはないのです。

その僕が、初めて公道を走るマニュアル車が、イタリアの高級車で、左ハンドル。そして助手席には上司。

 

極限の緊張の中、路上教習初のマニュアル車公道運転が始まります。

まっすぐな道で少し慣らした後、周回コースへと進みます。

そこには当然信号もいくつかある訳で、何度目かの信号で僕はやらかします。

信号を先頭で待っていたところ、青信号での発進時にクラッチ操作をミス、クルマはうんともすんとも動きません。

後ろのクルマは当然クラクションを鳴らしてきます。

その時、隣の上司がボソッとつぶやいたのです。

「うるせーな。今発進すんだろ」

 

この一言がものすごく嬉しくて。

どう見たって悪いのは青信号で発進しない僕です。にもかかわらず、その僕を怒るではなく、僕の側に立った一言を発してくれた。もちろん深い理由はなく、クラクションにイラついて反射的に出た言葉だとは思うのですが、それでも僕は嬉しかったのです。

この日以降、僕はその上司をますます好きになったのですが、結局人の心が動くのって、こういうささやかな何気ないところなんだと思います。

 

 

ちなみにその後、転職でのバタバタもあってクルマ購入にはいたらず、今もなおこの時が僕の唯一のマニュアル車公道運転の経験となっております。

今乗れと言われてもきっと無理。。

 

では。

 

(次回予告) follow us in feedly
テレビが面白い!(ただしガラポンTVで観る場合に限る)

LINEで送る
email this
Pocket

思い出話 自由

鳥山明はなぜドラゴンボールにホイポイカプセルを登場させたのか

LINEで送る
email this
Pocket

 

押しも押されぬ人気マンガのドラゴンボール。

その中にホイポイカプセルという便利道具が登場します。本やクルマ、果ては家までもカプセルに詰めて持ち運び、ボタン一つで復元できるという魅惑の道具です。

子どもの頃は「うわーすごいなー、あったら便利だなー」などと素直に感動していたものですが、スレた大人になってくると、なぜ作者はこんな道具を物語に登場させたのか、というのが気になってくるものでして。

 

で、行き着いた結論が「作者はモノの運搬という些末なことを、物語から省きたかったのだろう」というもの。

作中で、登場人物達はカプセルから乗り物を取り出して乗り換えたり、家を取り出して休息をとったりします。

これがカプセル無しの世界だと、登場人物は常に同じ乗り物で移動を続け、休息を用にはテントを持ち歩くことになります。波瀾万丈な冒険活劇を(少なくとも連載当初は)描きたかった作者にとって、これは物語の本質とは関係ない、どうでも良い制約に過ぎません。

その制約を取り除き、高い自由度をもって物語の本質に集中するための工夫として、モノの移動を省く道具−ホイポイカプセル−を取り入れたのだと思います。

 

その自由度の高さゆえ、ともするとなんでもかんでもカプセルで解決できてしまうので、使いどころもそこそこ難しかったのではないかと思いますが。

 

なんにせよ、素晴らしいアイデアです。

いつの日かぜひ実用化して欲しいですね。

 

では。

 

(次回予告)
プレゼンテクニック”The Magic of Three”の謎を解く

 

 

LINEで送る
email this
Pocket

思い出話

【バイト小話】進撃の烏龍茶

LINEで送る
email this
Pocket

 

学生時代に書いた文章が出てきたので、ちょっとリライトして再掲。

当時にしてはそこそこ反響があったような。

今とずいぶん芸風が違います。

どうぞ。

ーーーー

 

「バイトー、烏龍茶取ってこーい」

開店セールに沸き立つスーパーのバックヤードで主任の声が響く。ここは千葉市のとあるスーパーマーケット。僕はオープニングスタッフとして品出しのバイトをしていた。

絶対指令とも言える主任の声に脊髄反射で返事をし、もう一人のバイトを伴って在庫のある駐車場隅の仮設テントへ赴く。

首尾よく烏龍茶が詰まった台車を発見し、その様を推し量る。ミニコンテナ然とした台車にうずたかく積まれた烏龍茶。その総重量は300kgを下らないだろう。

想定外の重さに苦戦しながらも、どうにか台車をテントから引きずり出し裏口へと向かう二人。そこへ強大な障害が立ちふさがる。

坂。

普段は気にも留めない10メートル程度の小さな坂。だが、この巨大な水塊の前にあってはなんと大きな障害であろうか。

与えられたミッションの困難さにうろたえる二人。しかし主任の命を遂行しないという選択肢は存在しない。

「いこう」

男達の目に決意の炎が宿る。

いくばくかの助走をつけ台車を坂道へ押し込む二人。その様はラグビーのスクラムさながらだ。

威勢よく坂を登り始めた台車。

が、水塊に働く重力が二人の気合をかき消すのに時間はほとんど必要なかった。うなる二人をあざ笑うように台車はその歩みを緩めていく。

 

そして訪れた一瞬の静寂。

それは野獣が目覚めた瞬間であった。

 

危険を察して身を翻した二人を後に、烏龍茶はその巨体を揺らしながら猛然と加速していく。坂を下りきったそれは、頂点に達した速度のまま猛牛のごとく駐車場の壁へ突進した。

 

鳴り響く轟音。

はじけ飛ぶ烏龍茶。

駆けつける警備員。

 

 

こうしてバイトの目に宿った決意の炎は、衝突の熱エネルギーとなって大気へ霧散し、鉄拳となってその身に降り注いだ。

 

 

そして今日も客は烏龍茶を買っていく。

それが一度激しく大地にたたきつけられたものと知らずに。

 

※一部フィクションです。多分。

 

LINEで送る
email this
Pocket

思い出話 組織論 自然

No pain, No gainという思考停止の言葉

LINEで送る
email this
Pocket

Scissors

最近 No pain, No gain という言葉を疑っています。

「価値あるもの(Gain)に、痛み(Pain)はつきものだ」「痛みを伴ってこそ、価値あるものは手に入る」的な意味のこの言葉。

結論から言えば、僕はこの言葉は思考停止の言葉だと判断しました。

この言葉は確かに物事のある一面は示しています。

価値あるものを手に入れるにはある程度の労力が必要になる、この点に異論はありません。

ただ、その労力がPainである必要はない。

多くの場合、Painの対価としてのGainが確実に得られるという保証はありません。Painの先にGainが無かったら痛かっただけ損で、Painに耐えた時間に価値を見出すのは難しいです。

それよりはFun(楽しみ)によってGainを得たいと思う方が自然ですし、よしんばその先にGainが無かったとしても楽しかったのであれば、それはそれでOKです。

価値あるものを手に入れるための手段をPain一択にしてしまうのは思考停止であって、FunによってGainを得る方法を探す方がより自然だし生産的であるというのが僕の結論です。

ただ、そのためには自分が何をFunだと思うかという点について、自分でしっかりと把握しておく必要はあると思います。そうでなければ、Gainを得る手段としては一般的なPainに頼るしかなくなりますので。

周囲にとってはPainだけど自分にとってはFunだったりするものが見つかれば最高ですね。競合も少なく、希少価値でるので。

 

ちなみにこの言葉、最初に聞いたのが新卒で入った会社の入社式での訓示。当時は深く考えもせず「いいこと言うな〜、このおっちゃん」と感銘を受けていました。

右も左も分からぬ新入社員にとりあえず仕事に集中させるには、効果的な言葉だった模様。その点ではナイスチョイス。

それから11年。全く別の解釈をするようになったのは成長したのか、ひねくれたのか(笑)

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket