Category Archives: マレーシア

マレーシア 生活 自由

目指せMM2Hビザ!ゲームのルール説明。

LINEで送る
email this
Pocket

前回エントリーで今後の方向性について書いたので、今回はその具体的なゴールと制限時間に関して。つまり僕がこれから取り組むゲームのルール説明です。

まず、目指す方向性に沿った直近の具体的なゴールは「MM2Hビザの取得」にします。

MM2Hビザってなに?って人も多いかと思いますが、端的に言うと自由にマレーシアに住むことができるビザです。これを持っていると年間何日でもマレーシアに滞在することができる、というか住むことができます。住む場所の自由度を広げたい僕にとっては垂涎のビザ。

去年の東南アジア放浪の中でもちろんマレーシアも見てきたんですが、もの凄く良かったです。特にコタキナバルがお気に入りですが、他にもマラッカとかペナンとかそれぞれに特色があって、場所によって色んな楽しみ方ができそうです。日本にも住んでみたい街はたくさんありますが、それに加えてマレーシアの各都市からも自由に住むところを選べるなんて、とってもワクワクします。(ああ、旅行記の続き書かないと。。)

もちろん欲しいといってすぐ手に入るビザではなく、当然取得要件が設定されています。MM2Hビザ公式Webサイトによると、

50歳未満の申請者は500,000リンギ以上の流動資産及び一月10,000リンギ以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要です。

とのこと。今日時点の為替レート(1リンギット=31円)で日本円に換算してみると、

50歳未満の申請者は15,500,000円以上の流動資産及び一月310,000円以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠を示すことが必要です。

といったとこでしょうか。

うん。目標としてはそこそこ適当なんじゃないでしょうか。月30万の収入も、1500万の資産も男として生きていくにはクリアしておかなければならないラインだと思います。(今は収入ゼロだけどな!)

でもってこれをクリアできれば、マレーシア各地に住めるようになるとなればモチベーション的にもなかなか高まってきます。うん、イイね。

具体的なゴールが定まったところで、あとは制限時間。やっぱり30代のうちには取得しておきたいですね(僕は今月37歳になります)。となると、39歳誕生日の時点で月の収入が50万に到達してれば、なんとか30代での取得が見えてきそうな気がします。

というわけで、39歳の誕生日までに月収50万円というのをMM2Hビザ取得に向けたマイルストーンにします。日本とマレーシアの各地を転々としようと考えているので、当然この収入も住む場所に縛られずに生み出していないといけないというのがこのゲームの面白いところ。

あと、僕は極端にわがままなので好きなこと、やりたいことしか続かないという傾向があります。ので、稼ぐための活動も好きなこと、やりたいことしかしないというのもゲームのルールに追加しておこうと思います。

このゲーム、もちろん不確定要素もあります。

最大の不確定要素はこのビザの発給が停止されてしまうこと。これはマレーシアの国策によるものなので、もはやなんとも言えません。あと3年は終わらないことを祈るのみですが、万一発給が終わってしまったらしょうがないですね。その時点でまた別のゴール設定します。それまでの取り組みは全く無駄にはならないと思いますし。(このビザがなくても年間180日までだったらマレーシアには滞在できますし。)

もう一つは為替変動。円安に触れればそれだけ日本人の僕としてはハードルがあがります。これに関しては、円高を願いつつ多少の円安も吸収できるよう稼いでおくしかないのですが、もうちょっと視野を広げて日本円だけでなくドルとかユーロとかでも稼げる仕組みを作っておくことでリスクヘッジができるかもです。

というわけでゲームのルールをまとめると、

ゴール:40歳の誕生日までにMM2Hビザ取得。
マイルストーン:39歳の誕生日までに月収50万円。
ルール:収入は住む場所に制限されずに生み出すこと。好きなこと、やりたいことしかやらない。

となります。

ああ・・宣言してしまった。負けず嫌いなんで、宣言した以上達成できるよう日々精力的に取り組んでいきます。楽しくね。

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

マレーシア 東南アジア旅行

魅惑のコタキナバル その3〜サピ島ダイビング!

LINEで送る
email this
Pocket

DSC07428

コタキナバル最終回はサピ島ダイビングの写真を紹介します

サピ島へは街の北東部にあるフェリーターミナルから出発します。

DSC07422

サピ島到着っ。

DSC07426

さっそく潜ります。多くの言葉は不要の海中写真をお楽しみ下さい。(訳:相変わらず魚の名前が覚えられない。)

DSC07461

かわいい☆

DSC07505

カサゴ的な。

DSC07453

フグ的な。

DSC07470

DSC07462

DSC07479

DSC07464

DSC07443

DSC07440

DSC07431

DSC07455

DSC07545

DSC07471

満足っ!

DSC07527

ちなみにランチ時に上陸したサピ島にはこんなアリゲーターも。こわっ。

DSC07518

DSC07519

 

タンジュンアルビーチも良かったですが、やっぱりダイビングもいいですねー。

こんな素敵な海に、ひょいっと行けちゃうなんてコタキナバルサイコーです。

サピ島以外にもたくさん島があるみたいなので、次回来たときはぜひ色んな島にも行ってみたいです。

 

さて、じっくり回ってきたマレーシアもついにここまで。

お次はいよいよ今回の旅行最後の国、フィリピンへ突入します

 

LINEで送る
email this
Pocket

マレーシア 東南アジア旅行

魅惑のコタキナバル その2〜密林探検!

LINEで送る
email this
Pocket

すっかり気に入ってしまったコタキナバル。

海沿いの様子を紹介した前回に続き、今回はそれ以外の写真を紹介します。

こちら、イスラム教グッズ専門店内の様子。信仰×おしゃれでビジネスになってるんでしょうか。

2012 09 27 12 27 10

2012 09 27 12 27 30

サバ州立博物館。館内の撮影は禁止でした。残念。マレーシア&コタキナバルの歴史が勉強できました。

2012 09 27 15 21 38

2012 09 27 16 40 06

博物館近くには密林遊歩道も。

2012 09 27 16 45 11

始めはイージーモード。

2012 09 27 16 46 07

次第にハードモード。

2012 09 27 16 50 55

完全にジャングル。

2012 09 27 16 48 44

食事はピザ。うまし。

2012 09 27 19 13 38

海辺以外も色々と楽しめるコタキナバルでした。

次回は、サピ島ダイビングの写真を紹介です。

LINEで送る
email this
Pocket

マレーシア 東南アジア旅行

魅惑のコタキナバル その1〜街中散策と衝撃のタンジュンアルビーチ

LINEで送る
email this
Pocket

2012 09 28 10 16 57

こよなく愛するAirAsiaでペナン島から東へ1700km。やってきましたコタキナバル。

これだけたくさんの街を回ってると、流石にその街が自分に合うかどうか直観的に分かるようになってくるのですが、その直感がささやきます。ここはイイぞと。

宿に荷物を置いてさっそく街へ繰り出します。

幸い宿のすぐ裏が高台になっていたのでそこへ登って街の全景を確認。

DSC07557

僕にとってはこれがまさにコタキナバル。

写真の左の方は、木が写っていることから分かるとおりジャングルです。そしてちょっと分かりづらいですが、写真の右端は海です。

つまり、ジャングルと海の間を海岸線に沿って細長く開拓して造られたのがコタキナバルの街。

海からジャングルまでは徒歩10分ほど。市街地のみに限ればとてもコンパクトな街です。

街中は写真でも分かるとおりかなり開発されており、大型のショッピングセンターから飲食店、海辺のマーケットなど何不自由なくモノが揃います。

海と山と都会がコンパクトに集まっているところが僕から見たコタキナバルの魅力です。

 

翌日、満を持して街中を散策。

まずは市街地の東北の端にあるフェリーターミナル。

2012 09 25 10 04 35

ダイビングショップがあったので早速翌日のサピ島ダイビングを予約(≧∇≦)

2012 09 25 09 57 42

桟橋はこんな感じ。

2012 09 25 10 04 05

フェリーターミナルを出て、ここから南西へ海岸沿いに歩きます。目的地は空港近くのタンジュンアルビーチ。

フェリーターミナルの近くには大型ショッピングセンター。便利です。

2012 09 25 13 20 00

この辺はビーチではなく商船ばかり。

2012 09 25 13 25 03

マーケットがありました。

日用品に、

2012 09 25 13 33 16

食料品、

2012 09 25 13 35 59

そして海産物となんでも揃います。

2012 09 25 13 30 52

ふと陸側に目をやると高層マンション群。

2012 09 25 13 41 03

もちろんホテルも。

2012 09 25 14 43 04

海を右手にずんずん進みます。少し中心部から離れてきました。

2012 09 25 13 46 07

海岸沿いにゴルフ場が。

2012 09 25 14 47 44

Stera Harbour Golf Clubでごわす。おうおう。

2012 09 25 14 50 34

ゴルフ場の隣にはマリーナが。

2012 09 25 14 55 57

船いっぱい。

2012 09 25 14 59 42

帆船。かっちょいい!

2012 09 25 15 04 27

こちらの先進的なスタイルもなかなか。

2012 09 25 15 07 47

更に進んで、シャングリラホテルへ潜入。うん、場違い。

2012 09 25 15 26 18

ホテルのプールに、

2012 09 25 15 11 54

プライベートビーチ。優雅ですな。

2012 09 25 15 10 46

更に南西へ進みます。完全に郊外。空港もだいぶ近くなってきました。

2012 09 25 15 58 42

空港からの客を歓迎&見送るゲートかな。

2012 09 25 16 06 48

本日の目的地タンジュンアルビーチに到着!

2012 09 25 16 10 42

ドリアン始めました。

2012 09 25 16 11 43

タンジュンアルビーチがこちらっ!

2012 09 25 16 15 28

2012 09 25 16 15 42

このビーチ、かなり衝撃でした。

なんていうか、果てしなく浅いんです。まっ平らな砂地の上に波がなだらかに押し寄せて、鏡面のようになってる感じ。

いままで白い砂浜はたくさん見てきましたが、こういったタイプのビーチは初めて。良いところを見付けました。

動画でもどうぞ。

夕日も絶景。

2012 09 25 17 58 46

ビーチにあるフードコートでそのまま夕食。

2012 09 25 18 55 41

美味。

2012 09 27 11 27 03

以上、フェリーターミナルからタンジュンアルビーチまでコタキナバル散策でした。

フェリーターミナルを出たのが朝10時で、タンジュンアルビーチに着いたのが16時頃。あっちゃこっちゃ寄り道しながらよく歩きました。

次回は今回紹介しきれなかった、街中の写真をもうちょっと紹介します。

 

LINEで送る
email this
Pocket

マレーシア 東南アジア旅行

ペナン島のビーチはこんな感じ。(タンジュンブンガとバトゥフェリンギ)

LINEで送る
email this
Pocket

2012 09 18 16 37 02

個人的にはやや期待はずれだったキャメロンハイランドを過ぎ、次にやってきたのはペナン島。

島といえば海!海といえばビーチ!ってなわけで見て行きましょう。

まず最初に来たのがペナン島北部のタンジュンブンガ。思ったより人は少なめ。

2012 09 18 16 16 08

漁船かな。

2012 09 18 16 23 09

マリンアクティビティーもひっそりと。ワイワイ遊ぶというよりは、のんびりと過ごすビーチのようです。

2012 09 18 17 02 56

水上モスク。そうここはイスラム教の国。

2012 09 18 16 23 05

ビーチ沿いの道を進んで、お隣のバトゥフェリンギへ移動。

2012 09 18 16 12 54

バトゥフェリンギビーチ。タンジュンブンガよりはお店多いですが、まぁこちらもゆったりした雰囲気。

2012 09 21 13 46 28

2012 09 21 13 46 32

ご飯はこんな感じ。うまい。

2012 09 19 21 01 28

ペナン島は日本からの移住者も多いそうです。

確かに気候も良く、海もあって食べ物も美味しいですが、僕的にはいまいち刺さらなかった感じ。どれも普通でぐっとくるものがないというか。

もうちょっと島のほうぼう回ってみると色々分かったのかもしれませんが、日程の都合上ペナン島はここまで。

次はマレーシア国内を一気に東へ飛んで、ボルネオ島はコタキナバルへ進撃です。

 

ちなみにここでKindle死亡。地味に痛い!以後の読書はiPhoneに頼ることになりました。。

2012 09 19 18 40 29

LINEで送る
email this
Pocket