Category Archives: 東南アジア旅行

旅の荷物 東南アジア旅行

[旅の荷物-01]今回の旅の荷物一覧。

LINEで送る
email this
Pocket

今回僕は3ヶ月かけて東南アジア各国を放浪したんですが、備忘も兼ねてその際に持ち歩いた荷物に関してまとめておきます。

旅行はあとちょっと残ってますが、日本に戻って荷物片付けたら二度と書けない気がするので何としても旅行中に書き上げます(笑)。

まず今回はダダダっと荷物の一覧。次回以降で色々補足していきます。

荷物は大きく分けて
・貴重品ケース
・ズボンのポケット
・デイパック(サブバッグ)
・バックパック(メインリュック)
の4箇所に入れています

NewImage

それぞれに入ってる持ち物は以下の通りです。

貴重品ケース
・パスポート
・クレジットカード (VISA×2、Master×1)
・非常用現金($200+¥30,000)
・緊急連絡先を書いたメモ
・ライセンスカード(ダイビング、船舶)

■ズポンのポケット
・財布
・スマホ

デイパック
◇情報機器
・ノートPC(MacBook Air)
・デジカメ
・Kindle
・それらの充電機器、ケーブル類

◇準貴重品
・パスポートケース
・国際免許証
・使い捨てコンタクト(数枚)

◇外で必要となる生活用品
・折りたたみ傘
・トイレットペーパー
・虫除けスプレー、虫さされ薬
・正露丸
・S字フック
・メガネ用サングラス
・絆創膏

バックパック
◇服関連(着てるもの含む)
・Tシャツ(4枚)
・ポロシャツ(1枚)
・長袖パーカー(1着)
・長ズボン(1本)
・ハーフパンツ(2本)
・ベルト(1個)
・パジャマ用短パン(1着)
・下着(4枚)
・ショートソックス(1足)
・帽子

◇メガネ・コンタクト関連
・メガネ(3つ)
・サングラス
・使い捨てコンタクト(30日分)
・メガネ拭きフロス

◇防犯関連
・南京錠(3つ)
・ワイヤー

◇洗面/医療グッズ
・電動歯ブラシ
・フロス
・石鹸(5個)
・電動シェーバー
・綿棒
・タオル大
・タオル小
・ヘアワックス
・タオルハンカチ(2つ)
・ポケットティッシュ(5個)
・日焼け止めクリーム
・使い捨てマスク
・爪切り
・常備薬

◇虫対策
・おすだけベープ
・おでかけカトリス

◇電化製品関連
・コンセント形状変換プラグ
・三又コンセント
・予備電池(単四×2、CR123A×1)

◇飛行機対策
・ルームスリッパ
・アイマスク

◇ダイビング関連
・水着(長短1着ずつ)
・ダイブコンピュータ
・デジカメ用防水ケース
・ログブック
・ダイビング保険カード[DAN]

◇ランニング関連
・ランニングシューズ
・ランニングパンツ

◇その他雑貨
・ビニール袋(大小数個)
・洗濯バサミ(12個)
・物干しロープ(1個)
・エコバッグ

といった感じ。

今日空港で測ったところバックパックが8kg弱。デイパックは測ってないけど2〜3kgってとこだと思います。

だいぶ絞ったつもりだけど頑張ればもうちょっと減らせそう。

全部で7kgまで減らせればエアアジアに荷物の追加料金無しで乗れるので是非そこを目指したい!預け荷物がない方が何かと手軽&安心ですし。

って何やらまたいつか似たような旅に出ること前提になってますが。

でもいつかまた行きたい。オセアニアあたり。

次回は貴重品ケースとその中身をちょっと詳しく紹介。

 

LINEで送る
email this
Pocket

フィリピン 東南アジア旅行

フィリピン第三の都市ダバオはこんな感じ

LINEで送る
email this
Pocket

 

コタキナバルからクラークを経由してダバオに到着です。

ダバオはフィリピン南部のミンダナオ島に位置あります。マニラ、セブに次ぐフィリピン第三の都市。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

ミンダナオ島と言えばどうしても民族紛争によるテロのイメージが強いですが、ダバオは特別行政区に指定されていることもあり、普通に暮らす分に問題はない程度に治安は安定しているそうです。

(・・というのが渡航当時[2012年10月]の認識だったのですが、2013年10月に外務省が出した注意喚起の情報によるとダバオにも治安上の脅威があると記載されています。現状での渡航には十分注意してください。
【外務省】フィリピン:ミンダナオ島における誘拐及びテロの脅威に関する注意喚起 )

 

ダバオ空港に到着。

2012 09 30 11 52 24

今回の宿は徒歩では無理な距離だったので、迷いなくタクシーを利用。明朗会計の安心タクシーでした。

2012 09 30 12 06 00

宿に到着。単身者向けの小綺麗なホテルです。

2012 09 30 12 46 20

さっそく散歩してみます。

2012 09 30 13 18 48

ちょっと大きめのショッピングセンターの中。

2012 09 30 13 25 16

厚型テレビが標準です。

2012 09 30 13 33 46

遅めのランチをば。

2012 09 30 13 42 52

これで¥100そこそこだったかな。安い!そして美味い。

2012 09 30 13 46 48

公園はどこでも憩いの場。

2012 09 30 14 03 51

フィリピンではキリスト教が多いですが、ダバオはイスラム教・仏教も多いエリアだそうです。

2012 09 30 14 06 16

ヘイタクシー!

2012 09 30 14 13 15

海に到着。

2012 09 30 14 18 59

生活用の海ですね。

2012 09 30 14 20 55

海辺の集落。

2012 09 30 14 21 32

2012 09 30 14 31 02

バスケットゴールのある広場は若者のエネルギー発散の場。

2012 09 30 14 44 42

海辺の公園。

2012 09 30 15 21 47

どどんとドリアン売ってました。

2012 09 30 15 16 54

晩飯もこれまたウマー。

2012 09 30 19 30 39

といったダバオの街。

一次産業を中心としたシンプルな街という印象です。

それゆえに娯楽的なものもあまり目にしなかったのですが、海辺にはしっかりとダイビングショップがあったので、当然のように翌日のツアーに申込み。

そんな訳で次回はダバオでのダイビング写真の紹介です。

 

(次回予告)follow us in feedly
ダバオでのダイビングは自分史上最高の透明度&安さ

 

LINEで送る
email this
Pocket

フィリピン 東南アジア旅行

最後の訪問国はフィリピン。クラーク国際空港に到着。

LINEで送る
email this
Pocket

 

愛しのコタキナバルに別れを告げ、次に向かうは今回の旅最後の訪問国フィリピン。

フィリピンの玄関口といえば一般的にはマニラ、なんですが愛用のLCCエアアジアが乗り入れているのがマニラではなくクラークだったので、クラーク国際空港に到着。

翌日にはすぐダバオに向け発つので、一泊だけのクラーク滞在でしたが軽くお散歩してみました。

空港はかなり近代的。かつてはマニラ空港の後継になる計画もあったとか。(結局マニラ空港にターミナル増設してますが。)

2012 09 29 12 07 58

空港外観。

2012 09 29 16 06 08

空港の周りはこんな感じ。宿までは3〜4kmだったので歩いていこうと思っていたのですが、一人歩いていたら係員が半ば強制的にタクシー呼んでくれちゃいました。

ボッタクリの類か?とも思いましたが、ちゃんとした空港のタクシーで、料金も乗車前に決めてくれたので、そのままタクシーでGo。

2012 09 29 16 15 29

コンテナでつくったような、簡易的な宿。

2012 09 29 16 41 30

近くには広い公園が。Astro  Parkというそうです。

2012 09 29 17 17 08

公園そばのマーケット。

2012 09 29 17 29 43

晩飯。東南アジアはどこへ行っても飯がウマい。

2012 09 29 18 28 33

2012 09 29 18 25 08

ビールが安い!マレーシアはお酒が高かったので。。

2012 09 29 17 59 53

もうちょっとプラプラ歩いてみたかったものの、暗くなってしまったのでそのまま帰宿。

ご飯は美味しかったけど、街自体にあまりピンとくるものはなかったので、今後も乗り継ぎ用途以外でくることはないかな。。

 

さあテンポよくいきます。翌朝ダバオへ向け出発!

(つづく)

 

LINEで送る
email this
Pocket

マレーシア 東南アジア旅行

魅惑のコタキナバル その3〜サピ島ダイビング!

LINEで送る
email this
Pocket

DSC07428

コタキナバル最終回はサピ島ダイビングの写真を紹介します

サピ島へは街の北東部にあるフェリーターミナルから出発します。

DSC07422

サピ島到着っ。

DSC07426

さっそく潜ります。多くの言葉は不要の海中写真をお楽しみ下さい。(訳:相変わらず魚の名前が覚えられない。)

DSC07461

かわいい☆

DSC07505

カサゴ的な。

DSC07453

フグ的な。

DSC07470

DSC07462

DSC07479

DSC07464

DSC07443

DSC07440

DSC07431

DSC07455

DSC07545

DSC07471

満足っ!

DSC07527

ちなみにランチ時に上陸したサピ島にはこんなアリゲーターも。こわっ。

DSC07518

DSC07519

 

タンジュンアルビーチも良かったですが、やっぱりダイビングもいいですねー。

こんな素敵な海に、ひょいっと行けちゃうなんてコタキナバルサイコーです。

サピ島以外にもたくさん島があるみたいなので、次回来たときはぜひ色んな島にも行ってみたいです。

 

さて、じっくり回ってきたマレーシアもついにここまで。

お次はいよいよ今回の旅行最後の国、フィリピンへ突入します

 

LINEで送る
email this
Pocket

マレーシア 東南アジア旅行

魅惑のコタキナバル その2〜密林探検!

LINEで送る
email this
Pocket

すっかり気に入ってしまったコタキナバル。

海沿いの様子を紹介した前回に続き、今回はそれ以外の写真を紹介します。

こちら、イスラム教グッズ専門店内の様子。信仰×おしゃれでビジネスになってるんでしょうか。

2012 09 27 12 27 10

2012 09 27 12 27 30

サバ州立博物館。館内の撮影は禁止でした。残念。マレーシア&コタキナバルの歴史が勉強できました。

2012 09 27 15 21 38

2012 09 27 16 40 06

博物館近くには密林遊歩道も。

2012 09 27 16 45 11

始めはイージーモード。

2012 09 27 16 46 07

次第にハードモード。

2012 09 27 16 50 55

完全にジャングル。

2012 09 27 16 48 44

食事はピザ。うまし。

2012 09 27 19 13 38

海辺以外も色々と楽しめるコタキナバルでした。

次回は、サピ島ダイビングの写真を紹介です。

LINEで送る
email this
Pocket