Category Archives: 生活

生活 自由

僕を「モノを持たない生活」に導いた本

LINEで送る
email this
Pocket

 

モノを持たない身軽な生活を送っている僕ですが、僕がこのスタイルに行き着いたのは一冊の本がきっかけでした。

様々な企業のブランディングやロゴ製作をてがけるアートディレクター佐藤可士和さんが書いた初の単行本、「佐藤可士和の超整理術」という本です。

最初に読んだのは2008年の春頃。当時会社で隣に座っていた同僚が貸してくれたのがきっかけでした。

借り物として気軽に読み始めた本ですが、その内容にざっくと心をえぐられ、即実践を開始しました。

その結果、モノを持たない今の身軽な生活スタイルに行き着き、そこから時間的、空間的、精神的、経済的など様々な余裕が生まれるようになりました。また、モノを捨てまくる過程で「自分にとって本当に大切なもの(捨てられないもの)は何か」を考えたことは、自分をみつめ直す大きなきっかけになりました。

今の僕の生活スタイルと思考があるのは、この本のおかげといって過言でないほど影響を受けた本です。

 

簡単にその内容とどのように僕が実践したかを紹介します。この本では整理術が

レベル1: 空間の整理術
レベル2: 情報の整理術
レベル3: 思考の整理術

の三段階で説明されています。

僕にとって特にインパクトが大きかったのがレベル1の空間の整理術。これにハマりました。

空間の整理術とはすっきり快適な空間をつくるための術で、要はものを減らすテクニックです。(今でいう断捨離ですが、当時はまだ断捨離はメジャーな言葉ではありませんでした。)

本の中で丁寧にその技術が説明されていますが、僕的に理解したところでは

・本当に必要なモノ以外は全て捨てる。(とりあえずとっておくは厳禁)
・機能をまとめられるモノはまとめる。 

というものです。

それまでどちらかと言えばモノが多い生活をしていた僕が、この法則にのっとりドカドカとモノを減らし始めます。

まずは本でも取り上げられている財布のスリム化。

当時使っていたのはパンツのポケットにすら入らないようなデカイ財布。ここからめったに使わないポイントカード類を抜き、電子マネーなど携帯電話に移せる機能は移し(そのために当時使っていたPHSを解約しDoCoMoへ移行)、クレジットカードも最低限のものだけを入れるようにしました。その結果コンパクトタイプの財布への移行に成功。

次に手をつけたのがカバン。こちらも毎日の通勤に「一泊旅行?」と言わんばかりの大きなカバンを使っていたのですが、その中身を徹底的に減らし始めました。よくよく考えてみれば短い通勤時間中に使うものなんて大してなく、念のために持っていたものがほとんどでした。それらを抜くことでカバンの中身も劇的に減少。最終的には、必要なものは財布と携帯と鍵だけという結論に行き着き、それらをポケットに入れて手ぶら通勤になりました。

同様に自分の部屋、会社の机からもめったに使わないもの、機能が重複しているものなどを片っ端から捨てていきました。

ちょうどその頃流行り始めていた、コンパクトスキャナ(ScanSnapシリーズ)もモノ減らしの流れに拍車をかけます。ScanSnap S1500を購入し、本や書類などの紙類を全て電子化。本体は捨てていきました。

そんなこんなで、どんどんと身の回りのモノは減っていきました。

個々のモノが減ることはもちろん爽快だったのですが、それ以上に爽快だったのが棚や収納ボックスなどの「収納するためのモノ」を捨てることができた時。これを捨てる度に、不可逆的に身軽度がアップした気がしてものすごく嬉しかったです。

 

モノの少なさは移動に対する抵抗力を下げるもので、ここで大幅にモノを減らしたことが、当時住んでいた渋谷から根津へと引っ越すきっかけとなり、その後の東南アジアへの旅行沖縄への引っ越しへとつながっていきます。

また、余計なモノがなくなって生まれた余裕と、捨てる過程でそれなりに自分と向き合ったことから、それまでとは違った角度からの思考ができるようになりました。(それがこのエントリーでいう「思考の2年間」へとつながっていきます。)

 

今手元にあるモノは全部でダンボール3〜4箱程度。半日もあれば十分引っ越し準備ができそうな感じです。これからもこの状態を維持し、(あわよくば更に磨きをかけて)身軽に暮らしていきたいと思います。

 

本に書かれている、情報の整理術(レベル2)、思考の整理術(レベル3)ももちろん役に立っています。が、なんといってもインパクトが大きかったのはレベル1空間の整理術。これが今の僕の源泉です。

 

以上、僕の生活に多大なる影響を与えた本の(極めて偏った)紹介でした。

 

時々思うのが、隣の席の同僚がなぜ僕にこの本を貸したのか、ということ。

・・・やっぱり僕の机が汚かったからだよね。ごめん。

でも、ありがと。

 

では。

 

(次回予告)
問題の原因は「ストレス」にあり。

 

LINEで送る
email this
Pocket

健康 沖縄 生活

沖縄にきてすっかり健康になった話

LINEで送る
email this
Pocket

 

今日は沖縄にきてすっかり健康になったという話。

東京にいた時もそれほど不健康だったわけではなく、7年間所属した会社を一度も病欠しなかった程度には頑丈でした。

が、さすがに多少のガタは出てくるもので、昨年(2013年)の春先に東京で受けた健康診断ではコレステロール値や尿酸値に異常が出たりもしてました。

その数ヶ月後、昨年7月に沖縄へ引っ越したのですが、さあ健康状態はどうなるか。

 

最初に「おやっ」と思ったのが、引っ越してから3ヶ月ほど経過した10月半ばに温泉に入っていたとき。

以前に銭湯でよくツボマッサージをやっていたのを思い出し、久々にグリグリやってみたのですが・・・全然痛くない。

押し方間違ったかなと思って、色々と試してみたのですがやっぱり痛くない。首も肩も腰も足の裏もどこを押しても全然痛くない。

 

最初は「なにこれ、気持ち悪っ」と思っていたのですが、よくよく考えるとこれは良いことな気がして。

ツボが痛いのはそこ(あるいはその反射区に対応する部位)が悪いからだと聞いたことがあります。ということはツボが痛くないということは悪いところが無い、すなわち健康になったということではないか?という仮説がむくむくと湧いてきます。

となると次に欲しくなるのは客観的データ。そこでさっそく定期的に開催されている北谷町の健康診断を受診しました。

 

で、つい先日その結果が返ってきたのですが、予想通りなかなか良好な結果。

高校時代から出続けている潜血は今回も出ていたけれど、それも過去最低レベルで特に問題なし。

それ以外は前回異常値だったコレステロールと尿酸も含めて全てA判定でした。

どうやら沖縄暮らしで健康状態はずいぶんと改善されたようです。

 

東京と沖縄、相違点があまりにも多いのでどこがどうプラスに作用したのか細かく分析するのは難しいですが、総合的にみて沖縄暮らしは気分的のみならず身体的にも合ってるようです。

 

今んとこ、まあまあいい感じで時間を過ごせてるってことかな。

では。

 

(次回予告)
効率と感動は両立しない

 

LINEで送る
email this
Pocket

生活

iPhoneを使って本を裁断せずにスキャン(非破壊自炊)する方法

LINEで送る
email this
Pocket

 

今回はiPhoneだけで本を裁断せずにスキャンする方法を紹介します。

いわゆる非破壊自炊というやつです。

非破壊自炊といえば、昨年(2013年)富士通からScanSnap SV600が発売されて軽く話題になりましたが、こんな仰々しいものを使わずにiPhoneだけで実現してしまおうというものです。

まずは手順概要とメリット・デメリットをざっくりと。

■手順概要

①高機能カメラアプリ「ProCam」のインターバル撮影機能を使って、本の見開き写真を連写。(ページは順次手でめくっていく)

②スキャナーアプリ「CamScanner for Nakabayashi」を使って、撮った写真をPDF化。

■メリット

・専用のスキャナー不要。iPhoneだけでできる。
・本を裁断せずに済む。
・つまり自宅だけでなく、いつでもどこででもスキャンができる。

■デメリット

・スキャン品質が良くない。(文字がゆがむ)
・スキャンするのに時間がかかる。(慣れても200ページの本で10分くらいかかる)
・光沢のある紙だと反射でうまくスキャンできないことがある。
・OCRは僕が試した限りでは上手くいきませんでした。

 

続いて用意するものと手順詳細です。

■用意するもの

・iPhone
・机
・椅子
・高さ調節用の本数冊

■iPhoneにインストールしておくアプリ

・ ProCam(¥100 /2014.1.16時点)

ProCam

100円
(2014.01.16時点)
posted with ポチレバ

・ CamScanner for Nakabayashi(無料 /2014.1.16時点)

■手順詳細

◇ProCamの設定

・SET→PHOTO→Interval で撮影間隔を設定。最初は4秒くらいが良いと思います。慣れてきたら2秒くらいでいけます。

2014 01 16 08 55 09

2014 01 16 08 56 02

・撮影モードをインターバル撮影にした後、MENUで縦横比、画質、フラッシュの有無を設定。僕は縦横比=4:3、画質=Medium(3MP)、フラッシュ=ONで撮影することが多いです。

2014 01 16 10 32 12

2014 01 16 08 58 26

 

◇CamScanner for Nakabayashiの設定

・右下の「・・・」→設定→強化モード設定→自動処理 でPDF化する際のトリミングの有無と色を設定。僕は「トリミングしない」、「グレー」にしています。トリミングはあまり上手く動作しなく修正に手間がかかるので使わなくなりました。色はカラーにももちろんできますが、容量は格段に増えます。

2014 01 16 08 59 56

2014 01 16 09 00 04

2014 01 16 09 00 13

2014 01 16 10 37 00

◇撮影

・椅子の上にスキャンしたい本を、机の端にカメラのレンズを下に向けた状態でiPhoneを置く。ProCamを起動し、本の見開きが撮影できるように位置・高さ(iPhoneの下に本などを敷いて調整)・ズームを調節する。机の角を使うと、カメラに机の天板が写り込みにくくて良いかも。

2014 01 16 09 05 59

2014 01 16 10 24 14

・ProCamを起動し、インターバル撮影モードにする

2014 01 16 09 01 21

・スキャンしたい本を画面に映す。ページ中央辺りで一度画面をタップし、フォーカスをそこで固定しておく。

2014 01 16 10 25 10

・シャッターボタンを押して撮影を開始。シャッタータイミングに合わせて順次ページをめくっていく。

・ひたすら撮影。ページをめくり損ねて上手く撮影できない時は、あからさまに手のひらなどを写しこませておくと、PDF化する際に省きやすいです。

2014 01 16 09 08 04

・全ページスキャンし終わったら、再度シャッターボタンを押して撮影終了。

◇PDF化

・CamScannerを起動し、画面下部の写真マークをタップ。

2014 01 16 08 59 47

・本を撮影した写真を(ミスした写真を除いて)全て選択する。その際、選択した順でPDF化されるので1ページ目から順番に選択する。画面をスクロールさせる際に誤って写真を選択してしまいやすいので注意。誤って選択した場合は、その選択を一度解除し、再度順序通りに選択し直す。

2014 01 16 09 28 41

・選択し終わったら「完了」をタップ。写真の取り込み・変換が始まる。処理中にスリープモードに入るとそこで処理が中断してしまうので、自動スリープを解除しておくかこまめに画面をタップすると良いと思います。

2014 01 16 09 23 58

2014 01 16 09 28 06

・取り込みが完了したら、画面上部の「新規ドキュメント」をタップ。PDF方向を「横にする」、PDFのページサイズを「自動でサイズを調整」にする。タイトルはお好みで。

2014 01 16 10 08 57

2014 01 16 10 09 11

2014 01 16 10 09 25

・「上へ」で戻った後、右下の「→PDF」をタップ。お好みの方法でPDFファイルを送信して、完了です。僕はもっぱらDropboxに送ってます。

2014 01 16 10 10 05

2014 01 16 10 10 09

以上、iPhoneを使った本の非破壊自炊の方法でした。

 

では。

 

(お詫び)
すいません、前回の予告で「iPhoneと無料アプリで実現する本の非破壊自炊」とお伝えしたのですが、今調べたらProCamが無料ではなく¥100になってました。。

(次回予告)
沖縄にきてすっかり健康になった話

 

LINEで送る
email this
Pocket

生活

2013年 捨ててよかったモノ ランキング

LINEで送る
email this
Pocket

 

昨年末はブログ更新をすっかりさぼってしまったので、遅ればせながら2013年振り返りのエントリーでも書いてみようと思います。

定番は買ってよかったモノ ランキングあたりですが、それだとありがち過ぎですしモノを買うよりも捨てる方が好きなので逆をいって捨ててよかったモノ ランキングにしてみます。

というわけで、2013年捨ててよかったモノ ランキングです。

■第5位 まくら

Pillows 85821 1280

意外と荷物になるんですよね、コレ。頻繁に住む場所を変えたい僕にとっては、かさばるモノは少しでも減らしておきたいところ。というわけで、まくらとはサヨナラしました。

代用品として、厚手のバスタオルをたたんで使ってます。かさばらない、高さの調節が自由、洗うのも簡単と、良いことずくめです。

■第4位 クイックルワイパーの棒

Bar

今までクイックルワイパーは長い棒の先に取り付けて使っていたのですが、棒は邪魔なので捨てました。

結果手でシートを持って床掃除しています。ちょっと体勢的にキツい部分はありますが、隅々までゴミが取れるという利点もあるのでトータルではそんなに悪くないと思っています。部屋が狭いからこそできる技ではありますが。

やり場に困る長い棒が部屋から消えてスッキリ。

■第3位 テレビ

Tv

もともとテレビはほとんど見ない派なんですが、それでも時々は見たくなることがあります。日本シリーズとか。

今まではその都度クローゼットからテレビを引き出して見ていましたが、この度実家に全録レコーダーのガラポンTVを設置し、自分のパソコンやiPadでいつでも好きな番組を見られるようになったのでテレビ本体は完全にお払い箱になりました。

ガラポンTV、マジ便利。特に今年はオリンピックにサッカーのワールドカップとスポーツのイベントが目白押しなので活躍してくれそうです。

■第2位 ドキュメントスキャナ(ScanSnap S1500)

S1500

僕のモノのない生活を支え続けてきてくれたScanSnapとまさかのお別れです。

沖縄に引っ越す際に少しでも荷物を減らしたかったので、これまで愛用してきたScanSnap S1500を手放しました。落ち着いたら改めて小型のS1300でも買い直そうと思っていたのですが、特にスキャナがなくても不自由しなかったので買いませんでした。

Kindleで読める本が増えたのが大きいですね。本を自炊する機会は以前に比べてぐっと少なくなりました。

それでもちょいちょい発生するスキャンの機会にはiPhoneを使って対応しています。

iPhone使って本を(むりやり)非破壊自炊するテクも身につけたのでスキャナ専用機は僕にはもう不要です。(次回ネタ)

■第1位 炊飯器

Rice cooker

堂々の第1位は炊飯器です。2013年、炊飯器とも袂を分かちました。

といってもご飯を食べなくなったわけではなく、電子レンジでご飯が炊けるちびくろちゃんがバリバリ働いてくれています。

レオパレスのキッチンは極端に狭いので大助かりです。

 

ちなみに番外編。

■番外 冬物の服

Down

沖縄引っ越しに伴い、冬物の服は全て僕の部屋から姿を消しました。体積的な効果はこれが一番大きいです。あったかい土地最高!

 

以上、2013年捨ててよかったものランキングでした。

今年もできる限りモノを減らして、すっきり身軽な生活を続けていきます。

では。

 

(次回予告)
iPhoneと無料アプリで実現する本の非破壊自炊

 

LINEで送る
email this
Pocket

生活

思考と行動を切り離す。

LINEで送る
email this
Pocket

 

2014年初のエントリー。

今年ものらりくらりとやっていきますので、是非おつきあいくださいませ。

新年っぽいエントリーとして今年からちょっと気をつけようと思っていることを書き綴ってみます。

今年から少し意識しようと思っているのは、思考と行動を切り離すということです。

背景にあるのは昨年7月に沖縄に引っ越してからこっち、生活の自由度が高すぎるということ。

いつ、どこで、なにを、どのようにやるか全て自由。思い通りに何でもできます。(金銭的制約はもちろんあります。)

が、そうなると今度は迷いというか、思考がその都度生まれるようになってきます。

次は何しようかとか、せっかくだから新しい方法を探してみようとか。

それはそれで悪いことではないのですが、いかんせん毎度まいど思考に陥っていると物事が一向に進まないのです。これは問題。

なので今年はできるだけ思考と行動を切り離していきたいなと思っています。

つまり、自由な思考は事前の準備段階で十分に終えておき、行動段階で思考は極力排除し行動することにのみ集中する、そんな風に進めていきたいと考えています。

もちろん行動段階で想定外の事象が発生し、思考を余儀なくされることも多々あると思いますが、それはしっかりと次回にフィードバックして準備に取り込んでいきたいと思います。

この方法が上手くはまって、もろもろスピードアップしていくことを期待しつつ。

 

では。

LINEで送る
email this
Pocket