Category Archives:

ライフハック 沖縄

特定操縦免許は自己申請で安く早くゲットしよう

LINEで送る
email this
Pocket

 

小型船舶の特定操縦免許を、安く早くゲットする方法の紹介です。

それはズバリ講習を受けた後に自分で運輸局に免許更新の申請にいくこと

そうすることで5,000円くらい節約になりますし 、最速で講習当日に特定操縦免許をゲットすることができます。

 

■特定操縦免許とは

特定操縦免許とは、小型船舶にお客さんを乗せて操縦する際に必要となる免許です。ダイビング船とか釣り船なんかがこれに該当します。

取得するには、前提として小型船舶免許(小型船舶操縦士免許)を持ってる必要があり、その上で小型旅客安全講習を受けることで取得できます。

 

■免許の申請は自分でできる

JEISなどの講習機関のWebサイトを見ると、たいていは講習とその後の免許申請がセットで案内されています。

セットで申し込むことで免許申請に関する手間が削減できるというメリットはあるのですが、一方で

・申請代行手数料(海事代理士手数料)と免許送料が発生する。
・免許が届くまで1〜2週間程度かかる。

というデメリットがあります。

これらのデメリットは自分で運輸局に行って免許申請を行うことで解消することができます。

 

■いくら節約になるの?

運輸局へ自己申請を行うことで、おおよそ5,000円くらい節約することができます。

節約できる金額をJEIS西日本の例でみてみましょう。

JEIS西日本のWebサイトによると、特定操縦免許を取得するために必要な金額は以下の通りとなっています。

講習料 10,350円
教本代 900円
印紙代 1級 2,000円/2級 1,800円
海事代理士手数料 4,850円
免許の送料 500円

合計 1級 18,600円/2級 18,400円

 

ここで、免許の申請をJEISに依頼せずに自分で行う場合は海事代理士手数料の4,850円と免許の送料500円が不要となります。5,350円の節約ですね。(一方で運輸局までの交通費は別途発生しますが)

また印紙代もJEISには支払わず運輸局に直接払うので、結果として講習料と教本代の11,250円をJEISに支払うことになります。

 

■どれくらい早く取得できるの?

講習機関に免許申請を依頼すると免許が手元に届くまで1〜2週間程度かかりますが、自己申請する場合は講習終了後いつでも好きなときに運輸局に行って即日取得することができます。(もちろん運輸局が開いてる平日に行く必要はあります。)

詳細は後述しますが、条件が揃えば最速で講習当日に取得することも可能です。

 

■自己申請する場合の講習申し込み方法

自己申請する場合としない場合で分けて案内している講習機関の場合は、その指示に従えばOKです。

上記で例に挙げたJEIS西日本などは悪質にもWebサイト上では自己申請に関してはまったく触れられていません。が、その場合でも事前に講習機関に連絡を入れ自己申請する旨を伝えれば、その際の金額を教えてくれます。おそらくは総額から「海事代理士手数料」「免許の送料」「印紙代」を除いた金額が必要金額になるはずです。

自己申請する場合は提出書類も一部変更になります。

講習と申請がセットの場合は写真を2枚講習機関に提出しますが、自己申請する場合は1枚は運輸局に直接提出するので、講習機関に提出するのは1枚で良いはずです。

また、申請代行に必要な海事代理士への委任状の提出が事前に求められる場合もありますが、自己申請するのであればそれも不要となります。

その他にも必要書類に変更がないか、念のため申し込み時に講習機関に確認しておいてください。

 

■講習当日の注意点

自己申請する場合、講習当日の目的はただ一つ「小型旅客安全講習修了証明書」を入手することだけです。申請を開催機関に依頼する人向けに「海事代理士への委任状」「免許送付に関する書類」などの配布・記入が行われますが、すべて無視しましょう。

 

■どこに申請に行くの?

自己申請は最寄りの地方運輸局でできます。(神戸運輸監理部、内閣府沖縄総合事務局を含む)

地方運輸局一覧

申請可能な時間帯はそれぞれの運輸局に直接ご確認ください。

運輸局に着いたら受付で海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課に案内してもらってください。

船員労働環境・海技資格課に着いたら、特定操縦免許の申請を行いたいことを告げると申請書を渡してくれるので記入をし、提出後30分ほどで即日発行してもらえます。

 

■申請に必要な書類は?

自己申請に必要な書類は以下のとおりです。

・免許証
・小型旅客安全講習修了証明書(講習の最後に発行されます)
・写真1枚(サイズ4.5cm×3.5cm)
・収入印紙 (1級2,000円/2級 1,800円)
・住民票(本籍、住所等に変更がある場合のみ)

収入印紙は郵便局などで購入できます。

 

■講習当日に免許をゲットする裏ワザ

自己申請は都合の良いときにいつでも地方運輸局へ行けばOKですが、講習当日に申請してしまうという裏ワザもあります。

これは講習会場が地方運輸局の近くにある場合にのみ使える裏ワザです。

小型旅客安全講習の終了は17時前後となっていることが多いですが、実際はそれより早く終ることも多々あります。その場合、講習終了後にダッシュで運輸局に駆けつけることで、講習当日に特定操縦免許をゲットすることができます。

僕が那覇のJEISで講習を受けたときは講習が16:20に終わったので、タクシーつかまえてダッシュで運輸局(内閣府沖縄総合事務局)に向かい、無事即日ゲットすることができました。(受付は16:50まででした)

地方運輸局近くの会場で講習受ける方は即日ゲットを視野に入れて、あらかじめ運輸局の受付時間を調べ、必要書類を用意しておくと良いと思います。

 

以上、特定操縦免許 自己申請のススメでした。

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

急いだら負けの船の旅

LINEで送る
email this
Pocket

Boat

しばしばお世話になっているボート免許教習所 所長の言葉で印象的なものがあります。

「船は急いだらダメなんだ。」

その意味するところは速度を上げれば上げるほど、指数関数的に燃費が悪くなるということ。つまり急ぐのは損だということです。

クルマとの決定的な違いは抵抗の有無。

船が水から受ける抵抗は速度の二乗に比例するので、急げば急ぐほど極端に燃費は悪くなるのです。

 

インターネットに代表されるように様々な壁が取り払われ、世の中はことさらスピード重視になっています。

僕もその恩恵に預かってる一人ではありますが、急いてばかりだと味気ないのもまた事実。

 

そんな中泰然と「急いだら負け」の世界観に浮かぶ船。

そこが魅力です。

 

では。

LINEで送る
email this
Pocket

沖縄

小型船舶免許について語ってみる。

LINEで送る
email this
Pocket

Boat

先日書いた航海の記事がなかなか好評なので、調子に乗って今回は船舶免許についてQ&A形式で語ってみます。

以下、僕が持っている一級小型船舶操縦士免許(小型船舶免許)についてのお話です。

 

■Q. どんな船に乗れるの?

小型船舶免許で乗れるのは、総トン数20トン未満、または長さが24メートル未満のレジャー用ボートです。

総トン数20トンというのがどれくらいかイメージ付きづらいかと思いますが、先日乗ったこれぐらいの大きさのヨットだった問題なく小型船舶免許で操船できます。

IMG 1479

もちろん、これくらいの小さなゴムボートにも乗れます。

2012 06 02 15 00 20

これだけ大きさが違う船が同じ免許で良いのかという気もしますが、おんなじ免許でいけます。

 

■Q. 級によって何が違うの?

級によって、陸から離れられる距離が変わってきます。

一級は無制限でどこまでもいけます。(もちろん船の性能が伴っている必要はあります)

一方で二級だと海岸から5海里(約9km)までという制限がつきます。

以前はもっと細かく分かれていて四級とか五級もあったのですが、今は一級・二級と小型特殊(後述)の3つに集約されています。

 

■Q. 一級と二級で、取得の難易度はどれくらい違うの?

試験は学科と実技があるのですが、実技に関しては一級も二級も同じです。

一級の学科は二級に加えて、ちょっと難易度の高い問題(海図とか)が追加されます。

確かに一級の方が勉強は少し大変になりますが、どこまでも航海できるという自由度の高さには代えがたいものがあるので、僕は免許取得を考えてる方には一級の取得をお勧めしています(^^)

 

■Q. どれくらいの期間・お金で取得できるの?

僕は2009年に宮古島のボート免許教習所で取得したのですが、その時は試験日も含めて5日間で取得できました。学科2日、実技2日、試験1日といった内訳。

個人差が大きいのは学科だと思います。僕はけっこう事前にがっつり勉強していたので学科の2日もわりと時間に余裕がありました。

一緒に受けた受講生は、全くのゼロの状態から2日間で詰め込んでいる人もいれば、1ヶ月くらい前から通ってる地元の人もいたりと様々。

2日間で詰め込みの人は、夜遅くまで勉強したりとそれなりにキツそうでした。。(無事に受かってましたが。)

受講費用は試験にかかる費用も含めて¥105,000(当時)。車の免許と比較しても、そんなに高くないんじゃないかなー、と思ってます。

もちろん、5日間集中ではなく土日を使って2〜3週間に分散させる形で講習を開催している教習所もあります。その辺は時期・地域によって様々だと思います。

 

■Q. なんだか楽に免許が取れるとこがあるって聞いたことがあるけど。

あるみたいです。

僕が行った教習所は、教習所と試験機関がそれぞれ独立していて、試験はオープンに行われる形でした。

一方で、登録小型船舶教習実施機関(登録教習所)という、教習所の中で試験まで行う教習所もあります。

そういった教習所でも試験はしっかりと行われているのが大半だと思いますが、中には密室での試験であることを利用して、基準に達していない生徒でも手心を加えて合格に・・ということがあるそうです。

 

■Q. 一級 or 二級の免許で水上バイクも乗れるの?

乗れないんです。水上バイクに乗るには別途、特殊小型船舶操縦士免許(小型特殊免許)が必要になります。

一級か二級の免許を持っていれば、小型特殊をとる際の学科試験の一部が免除されます。

 

■Q. 操船には絶対免許が必要なの?

免許保持者が一緒に乗っていれば、安全な海域に限り免許を持っていない人でも操船できます。

ただし、水上バイクは操縦する本人が必ず免許を保持している必要があります。

 

■Q. なんで船舶免許取ったの?

最初はネタでした。夏休みで南の島行きたいなーと思っていて、どうせ行くなら遊ぶだけじゃなくなんか後々にも役立つヒネリの効いたことしたいなーと思い、色々探した結果船舶免許に落ち着きました。

その後スキューバダイビングのライセンスも取得するのですが、船舶→ダイビングの順に取ったと言うと「普通逆じゃね?」と良く言われます。

 

■Q. 船の魅力を端的に語ってみよ。

自由度の高さ!これに尽きます。

一部海路が指定されているところもありますが、ほとんどのところは船で自由きままに移動することができます。この点が道路しか移動できない車との一番の違いです。

あとは速度が遅いところも魅力。のんびりと移動自体を楽しめるのもいいですね。

飛行機の方が立体的に動けてさらに自由度高いぞ、という意見は高所恐怖症なので却下です。

 

■Q. 怖くね?

陸の近くでのんびり乗っている限りでは特に怖さを感じたことはないですが、陸を遠く離れて航海に出て、海が荒れてきたときはちょっと怖さを感じました。あー、ここで転覆したら助けが来るまでは正に生死を分けるサバイバルになるんだなーって。

あと超ベテランの人がうっかり落水した話を聞いたときもちょっと怖くなりました。荒れた海で落水するとなかなか助からないらしく、その人が救出されたのはかなり奇跡的なことだったそうです。つねに気を抜かずに万が一に備えてないといけないことを学びました。

 

と、船舶免許について良く挙がるトピックをまとめてみました。

これ読んで船舶免許に興味が出てきた方は、是非取って一緒に船にのりましょう!(レンタルで)

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket