Category Archives: 音楽

英語 論理 音楽

なぜ ”the”でなく”a” perfect humanなのか

LINEで送る
email this
Pocket

 

オリエンタルラジオの新ネタ(新曲?)「PERFECT HUMAN」が人気を博しています。

オリラジが遂にiTunesの頂点に、「PERFECT HUMAN」が総合チャート1位。

オリラジのクレバーな感じはとても好きなので存分にがんばって欲しいのですが、ネタ中で中田が発する「I’m a perfect human.」というセリフに気になる点があるので考察してみます。

 

ネタ中で中田は何度も自らを「I’m a perfect human.」と称するのですが、これ本来であれば「I’m the perfect human.」とするべきです。なぜなら中田は「勝者の頂点」「真の支配者」と紹介されており、これは唯一の存在を示す”the”の要件を十分に満たしているからです。

なのになぜ、”the” ではなく”a” perfect humanなのか。

考えられるのはperfect humanたる中田と、藤森を始めとした民衆の間に温度差というか認識の相違があるということ。

中田としては、「I’m a perfect human(私は数いる完璧な人間たちのうちのひとりだ)」という客観的な事実を無表情に発しているだけで、世界を支配する気などない。

一方で、藤森は中田を「勝者の頂点」「真の支配者」などとあがめたて、「感謝の言葉 彼に乱射」「民共崇める準備はいいか?」などと民を過剰にあおり立てている。

つまり背景にあるのは、民の支配などに無関心な中田をよそに、藤森が勝手に中田を神格化し民を煽動して騒乱をおこしているという世界観なのです。

というわけで、the perfect human ではなく a perfect human なんです。

 

・・・なんていう理屈を考えてみたのですが、実際のとこ中田も件のセリフのとこ以外ではノリノリでダンスしてトップに君臨する気まんまんなんですよね。。やっぱりここは素直に「I’m the perfect human.」とする方が正解なんじゃないかと思います。

 

ちなみにperfect human の類義語として思い出されるのが究極生命体(ultimate being)のカーズ様。彼はもう唯一絶対の存在として世界を支配するためだけに生まれてきたので「the ultimate being」を名乗るだろうなーと思って調べてみたら、やっぱりそうでした。

THIS IS THE BIRTH OF CARS, THE ULTIMATE BEING!!!

 

以上、あいかーらずどーでもいいことを考えて遊んでる平和な日曜の午後です。

確定申告めんどくさい。

 

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

組織論 音楽

法人「モーニング娘。」に決算期が導入された模様です。

LINEで送る
email this
Pocket

 

以前に、モーニング娘。は法人に近い存在であるというエントリーを書きました。(→モーニング娘。という発明)

そしてこのニュース。

モー娘。がグループ名変更へ 来年から「モーニング娘。’14」

法人「モーニング娘。」にいよいよ決算期の概念が導入されました。永続的に活動を続けていく中で、期間を区切ってしっかり振り返りができるようにしておくことは、極めて合理的です。

次はなんでしょうかね。

株主総会?

は、別のグループがもうやってるか。(総選挙と呼んでるけど投票者ごとに議決権数が異なるので、株主総会に近いと思う)

社内カンパニー?

も、赤•青•黄で既にやってる。

うーん、じっくり考えたいのでとりあえず中期経営計画でも出していただければと思います。

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

勉強 音楽

エレクトーンは最強の脳トレ楽器だと思うのです。

LINEで送る
email this
Pocket

015540

エレクトーンのお話。

昨日も書いたとおり、毎日ささやかに脳トレをしております。

楽器の演奏にも脳トレの側面があり、認知症の予防などに効果があることは知られているところですが、その中でもエレクトーンは最強の脳トレ楽器だと思っています。

エレクトーン以上に全身を駆使して演奏する楽器を僕は他に知りません。

両手&左足で鍵盤をひきつつ、右足では音量調整とスイッチ操作、曲によっては更にふとももで音色を調節。

まさに全身演奏。

これらの各部位をそれぞれ独立させて動かさないといけないのですから、脳が鍛えられないわけがありません。

もちろんエレクトーン以外の楽器でも十分に脳は鍛えられると思いますが、動かす部位の数的にエレクトーンが最強だと思ってます。

 

子供の頃、学校の成績はそこそこ良かったのですが、それは幼稚園の頃から習わせてくれていたエレクトーンの影響も大きいのではないかと思っています。

将来子どもができたら、是非エレクトーンは習わせたいです。もちろんある程度本人が興味を示せばですが。

 

ちなみに、僕が知る最高のエレクトーン演奏がこちら。ここまで弾けたらホントに楽しいだろうなー。

これがエレクトーンのスーパー演奏だっ!(maru氏の演奏を紹介)

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

生活 音楽

ハーモニカ始めました。

LINEで送る
email this
Pocket

2013 10 24 12 28 39

ハーモニカ始めました。

ここ数ヶ月なんか楽器やりたいなーと思い、色んな楽器をちょこちょこ調べて遊んでいたのですが、ようやくハーモニカにしようと腹が決まりました。

ここに至るまでは色んな楽器を逡巡。

 

最初に考えたのがエレクトーン。

これは子供の頃に習っていたので、その魅力と楽しさは熟知しているつもり。

ただいかんせん高価なのと、設置スペースが必要&移動が大変なのがネック。

レンタルという手もあるのですが、今後長く家を空けることも多くなりそうで、その間使えないのはもったいないので泣く泣く却下。

(姉の家にあるので、そこで弾かせてもらおう。)

 

次に考えたのが三線。沖縄といえばやはりこれ。

が、これもそこそこ高い。(初心者セットでも¥15,000くらい)

近くに教えてくれる人もいないし、長続きするかどうか分からないものにかけるお金としてはちょっと高額なので、三線も回避。

 

購入寸前までいったのがウクレレ。

三線ほどの沖縄色はないですが、こちらも南国ムードはバッチリ。

通常のモデル以外にも、エレキウクレレというのもあるみたいで、これだったら夜に自室でも練習できる!

という訳で購入寸前までいっていたのですが、ちょっとだけ気にかかっていたのが携帯性。

 

住む場所に関しては今後もほうぼう転々とするつもりですし、頻繁に旅行にも行きたいので小さくて持ち歩きしやすに越したことはないんですよね。

ウクレレもそんなに大きい訳じゃないけど、旅行に持っていくにはやはりちょっと大きい。

そこでコンパクトさを武器に、並み居る強敵を一気に逆転したのがハーモニカ。

うん、小さい。

2013 10 27 08 38 14

これだったらどこにでも持っていけますし、ちょっとやそっとじゃ壊れなそうな頑丈さも良いですね。

敬愛するが愛用しているのも分かります。

もちろん部屋では練習できないですが、今の部屋は海岸まで歩いてすぐなので問題なし。

 

ゆくゆくはこんな風に吹けたらいいなーなどと夢想しつつ、ぼちぼち練習していきます。

(2:40あたりから特にノリノリ♪)

と、またちょっと生活にアクセント加えつつ、のんびり暮らしていきます。

 

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket

音楽

モーニング娘。という発明。

LINEで送る
email this
Pocket

Dance girls

唐突にモーニング娘。の話。

今年の初めに「モー娘。3年8ヶ月ぶり首位! 女性グループ史上初の3年代シングル1位」というニュースがありました。

1990年代、2000年代、2010年代の3年代に渡って首位を獲得したとのこと。

90年代は僕も大学生で暇を持て余していたこともあり良く聞いてました。LOVEマシーンでゴマキが加入した頃はそこそこ熱かった記憶があります。

さてこのニュース、改めて考えてみるとちょっと違和感を覚えるニュースです。

というのも、モーニング娘。って結成当初のメンバーはもう一人も残ってないんですよね。1990年代と2010年代では完全にメンバーが入れ替わってる。

にも関わらず、昔も今も同一のモーニング娘。として記録認定されている。これってありなんでしょうか。

例えば松田聖子がある日突然人が入れ替わって、まったく別の人が松田聖子を名乗ったとしたら、それは同一の松田聖子として受け入れられるでしょうか?きっと無理ですよね。

でもモーニング娘。は中身が全員入れ替わっても、引き続きモーニング娘。たりえている。

なぜか。

それは、モーニング娘。は個人ではなく法人に近い扱いだからだと思います。法人として世の中に認知されているので、中身が完全に入れ替わっても、同一性は損なわれない。創業時の社員が一人もいなくなっても、会社としては同一の存在なのと同じです。

歌い手の世界にこの法人の考えを持ち込んだというのが、つんくをはじめとするモーニング娘。プロデュース陣の発明だったのではないかと思います。(海外には同じような事例あったのかもしれませんが。)

そう考えると、冒頭で紹介したニュースに覚える違和感の正体が見えてきます。

このニュースは、個人と法人をごっちゃにして評価しちゃってるんですよね。(「個人」的なグループも含めて)

個人として120年生きる人はほとんどいませんが、120年続く法人というのは普通に考えられます。

それと同じで、モーニング娘。は法人(的な存在)である以上、個人の記録との比較はあまり意味を持たない気がします。

もちろん、比較に意味が無いというだけでモーニング娘。の功績は間違いなく立派なものだと思います。

ここまで長く活躍できるというのは、間違いなく彼女たちのたゆまぬ努力の成果です。

業界にイノベーションを起こした存在として、これからも末永く活躍して欲しいと思います。

では。

LINEで送る
email this
Pocket