フィリピン第三の都市ダバオはこんな感じ

2012/10/01 - 12:01
LINEで送る
email this
Pocket

 

コタキナバルからクラークを経由してダバオに到着です。

ダバオはフィリピン南部のミンダナオ島に位置あります。マニラ、セブに次ぐフィリピン第三の都市。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 

ミンダナオ島と言えばどうしても民族紛争によるテロのイメージが強いですが、ダバオは特別行政区に指定されていることもあり、普通に暮らす分に問題はない程度に治安は安定しているそうです。

(・・というのが渡航当時[2012年10月]の認識だったのですが、2013年10月に外務省が出した注意喚起の情報によるとダバオにも治安上の脅威があると記載されています。現状での渡航には十分注意してください。
【外務省】フィリピン:ミンダナオ島における誘拐及びテロの脅威に関する注意喚起 )

 

ダバオ空港に到着。

2012 09 30 11 52 24

今回の宿は徒歩では無理な距離だったので、迷いなくタクシーを利用。明朗会計の安心タクシーでした。

2012 09 30 12 06 00

宿に到着。単身者向けの小綺麗なホテルです。

2012 09 30 12 46 20

さっそく散歩してみます。

2012 09 30 13 18 48

ちょっと大きめのショッピングセンターの中。

2012 09 30 13 25 16

厚型テレビが標準です。

2012 09 30 13 33 46

遅めのランチをば。

2012 09 30 13 42 52

これで¥100そこそこだったかな。安い!そして美味い。

2012 09 30 13 46 48

公園はどこでも憩いの場。

2012 09 30 14 03 51

フィリピンではキリスト教が多いですが、ダバオはイスラム教・仏教も多いエリアだそうです。

2012 09 30 14 06 16

ヘイタクシー!

2012 09 30 14 13 15

海に到着。

2012 09 30 14 18 59

生活用の海ですね。

2012 09 30 14 20 55

海辺の集落。

2012 09 30 14 21 32

2012 09 30 14 31 02

バスケットゴールのある広場は若者のエネルギー発散の場。

2012 09 30 14 44 42

海辺の公園。

2012 09 30 15 21 47

どどんとドリアン売ってました。

2012 09 30 15 16 54

晩飯もこれまたウマー。

2012 09 30 19 30 39

といったダバオの街。

一次産業を中心としたシンプルな街という印象です。

それゆえに娯楽的なものもあまり目にしなかったのですが、海辺にはしっかりとダイビングショップがあったので、当然のように翌日のツアーに申込み。

そんな訳で次回はダバオでのダイビング写真の紹介です。

 

(次回予告)follow us in feedly
ダバオでのダイビングは自分史上最高の透明度&安さ

 

LINEで送る
email this
Pocket