ラングリッチにまつわるエトセトラ

2013/03/09 - 10:39
LINEで送る
email this
Pocket

昨日のエントリーでラングリッチについて触れたので、僕の知る限りのラングリッチの最近の様子について紹介しておきます。もしオンライン英会話レッスンを検討してる方がいましたら参考にして下さい。

ラングリッチを始め各社日進月歩でサービス改善してると思うので、あくまで2013年3月時点での状況です。

ラングリッチが他社とのサービス比較表用意してるのでこれをベースに、補足入れていく形で進めます。

まず、料金。これは記載の通りですね。ラングリッチは安い方の部類に入ると思います。他社サービス使ったことがほとんどないので、クオリティを踏まえてこれが安いのか高いのかは分かりませんが、教室に通うタイプの英会話レッスンよりは格段に安いですね。

続いてレッスン時間。これはラングリッチはいいですね。昨日も紹介した通り、最も早い時間でAM5:00からできます。夜も25:00までと十分ですね。ここで重要なのが自分がレッスンを受けたい時間にちゃんと予約が取れるかどうか。結論から言えば、僕の場合は毎日問題なく希望の時間でレッスンが予約できてます。普段は主に朝の時間(6:00台)でやってます。今、他の時間帯もざっと見てみましたが結構潤沢に講師が選べるようなのでそんなに混んでる様子は見られません。

次に講師のクオリティ。これも他社サービス使ったことがないのでなんとも言えないのですが、やはり個人差はあります。僕は最低ラインとしてフリーの会話ができれば良いやと思っているので、そういった意味では講師に対する期待度は低く、特に問題を感じたことはありません。手取り足取り教えてもらいたい人はお気入りの講師を見つけるのに少し労力かかるかもしれません。

一旦お気入りの講師が見つかれば、講師を指名して予約できるシステムがあるので、それ使うと同じ講師にみっちり教えてもらうことができます。

多分マニュアルだと思うのですが、初めての講師だと最初の5分くらい使ってお互いの自己紹介が入ります。つまり毎回新しい講師にしていると、毎回自己紹介をすることになってちょっとうっとおしいことも。ある程度経験講師の数が増えてきたらその中でやりくりするのも良い方法かと思います。

講師に関して不満なのが講師の代行、つまり予定していた講師が時間通りに現れず、別の講師が担当することが結構多いことです。僕は朝6:30から予約入れることが多いのですが、その時間はフィリピンは5:30。眠いのは分かりますが、ちょっと欠席が多すぎです。ここ最近は4回連続での代行レッスン。この点は是非改善して欲しいところです。

回線の安定度については、そんなに悪くは無いですが2回に1回くらいは途中で音声途切れたり、接続が切れたりします。大体すぐ復旧しますが。ネットワーク接続に関してはラングリッチ社だけの問題では無い部分も多々あると思うので、こんなもんだと思います。

教材は僕はVOAとかNHKなどの外部教材使っているので、ラングリッチ特有のものについては分からず。これはホントに個人の好みですね。

といったところが、最近のラングリッチに対する僕の所感です。

オンライン英会話レッスンはなんといっても手軽なのがいいですね。起き抜け3分でレッスンが開始できるので。この手軽さ体験してしまうと、教室に通うタイプのレッスンにはちょっと戻れません。

一部不満もありますが便利ですししっかり勉強にはなってるので、もうしばらくはラングリッチ続けていく予定です。

参考になれば。

 では。

LINEで送る
email this
Pocket