将来の夢というインポッシブルな作文

2013/06/14 - 16:00
LINEで送る
email this
Pocket

S001 668

あれは小学校3年の1学期のこと。僕はそれまでの小学校生活最大の困難に直面していた。

その日の国語の授業で出されたお題が「将来の夢」。

・・・ない。将来の夢として思い当たるものが一切無い。それゆえ筆が一文字も進まない。これまでの小学校生活、そつなく全ての課題をこなしてきた僕に訪れた初めての遂行困難な課題。

周りを見回すと皆順調に鉛筆を滑らせている。なぜだ、なぜみんなそんなに書けるのだ。

そもそも決めるには内と外両方についての情報が必要、つまり自分が何を望むどういう人間であるかという内なる情報と、世の中にはどのような職業があるのかという外なる情報の両方が揃わないと決められる訳ないではないか。まだその情報が両方とも揃っていない自分には、将来の夢など決めることはできない。故にこの作文は書くことはできない。

あー、面倒くさい子供だ。

そんな訳でしばし愕然としていたものの、そこは先生の司令には逆らうことのできない「良い子」の僕。なんとか時間内に作文を仕上げるために選んだ方法は捏造

先生がそれなりに納得しそうな将来の夢を捏造し、なんとかこの場を乗り切ろうという作戦。しばしの逡巡の後、選んだ職業は宇宙飛行士。理由は無重力状態を体験したいから。うん、良い感じに投げやり。

そんな感じでその場は乗り切ったのですが、この時に限らず小さい頃から将来の夢に関する回答には常に悩まされ続けてました。

記憶にある限りで思い返しておくと

幼稚園年長・・タクシーの運転手。(これも捏造の回答。ひとりずつ順番に将来なりたい職業を言っていくという活動の中で、なぜか「前に出た職業とカブってはいけない」という空気が流れ、前の人とカブらない職業をひねり出した結果。かなり後半の方の回答だったので苦しかった覚えがある。)

小2・・えらい人。(学年末文集内での回答。抽象的な表現で逃げる小賢しさがGood。)

小3・・上述の通り宇宙飛行士。

小5・・誘拐されてみたい。そして見事脱出してみたい。(母親に将来の夢を聞かれた時の回答。こんな回答を聞いた母親の気持ちはいかばかりか。そして脱出できると思ってる根拠のない自信家ぶりは今に通じるものがある。)

小6・・コンピュータープログラマー。(卒業文集にて。今思えば志低い目標だw)

とまあこんな感じ。毎回本当に苦労してしのいでました。

その後もずっと何かにこだわるではなく、ふらふらとやってきたわけですが、今はと言えば先日まとめた空間的、時間的に制約のない暮らしってのが夢というか目標ですかね。ここにいきつくまで何年かかってるんだか。

と、今回は昔語りでした。

では。

 

LINEで送る
email this
Pocket